Mitsu Surfboard Design

2020年12月12日(土)

素朴な疑問 [Blog]

今日は ふと頭をよぎったトピックがあるので 徒然なるままに書いてみます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以前から定期的に思うんだけど HOW TOシリーズって本当に見た人の為になってるのかね?

HOW TOを出せば儲かるとも言われていますが どんな分野でも HOW TOに関して講演を開けば その需要は大きいのも確かですよね。

これまでの自分だけの経験話になってしまうけど あまりその手のHOW TOにお金や時間を費やした記憶はありません。

小学生から今まで 夢中になったのは 野球、サッカー、釣り、工作、サーフィンに料理くらいだけど イマドキで言うYOUTUBEはもちろんビデオ映像のスローモーションや事細かな解説や体の構造学などなどの理屈話は 当時なかったと思う。

とにかく上手い人のを生で見て そしてひたすら個人練習あるのみ。 要するに見習いが基本だった。

”見て分かる奴はわかるし 真似て出来る奴は出来る”
冷たいようだけど その逆も言える。 

私自身 何でも出来る訳ではなく 好きな事でうまく出来る事を続けているだけで 全く出来ない事は沢山あります。

HOW TOの講師となる方々は、要するにその手のプロの中のプロで輝かしい履歴を持ちながら それを言葉にして説明出来る人達ばかり。  誰もが憧れるヒーロー的な存在な訳で 上手く出来ない人は 何とかしてそのコツや秘密を教えてもらいたいから HOW TOに辿り着くんだよね。

でも 講師となる大半の人達は 出来ない人の気持ちが分からないのでは? もちろんそうなるまでに 大変な努力と練習を積み重ねて来ただろうけど 元々うまかった人が更に磨かれたケースが圧倒的に多いハズ。 

 数学の先生のほとんどは 数学の出来ない子達の気持ちが分からないように プロには一目で見えるその公式が 一般の人には見えて来ない。

そしてそれに伴う 基礎的な体力+手つきや、柔軟性とタイミングの勘みたいなもの 更には向上心や研究心も個々に違うから いくらスローモーションで説明されても 実際のスピードや現場では通用しない。

まして サーフィンなんて 2度と同じ波がないから もっと大変です。 自分も含めて お客さんやライダー達の悪い癖を見つける事は出来るけど それをどんなに説明して納得しても 次の日から それが解決する事なんかハッキリ言ってないです。

そうなってしまうのは原因があるんだけど その原因がはっきりしたところでどうにもならない。 変えられない事実がそこにある限り。

私は病院に行くのも嫌いなんですが 医者にストレスがありますね〜とか姿勢が悪いからこうなったとか言われても そんなの生まれ変わらない限り 変わらないでしょ?

じぁ〜出来ない事は 全て諦めるしかないのか? 
そんな事は言いたくないけど 今まで生きて来ていつも思うのは 人間そう簡単に変わらないよ。

俺はオレで 貴方はあなた。 よくも悪くも自分を認めてそこから可能な事だけ やった方がいいと思う。

HOW TOの講師も生徒も お互いやるんだったら最低でも2年くらいかけて定期的に本気で取り組まないと 無駄なだけだと思います。 

やるならやろう! でも ヘタの横ノリ好きもあり 楽しければもうそれで 目標達成が気楽で一番。

まとまりのない話ですが 今日は以上です。






 

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

私の適当な料理は、勘が全て 酔ってると味が濃いですけど それはそれで PROじゃないのでオッケーですよ。

Posted at 18時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年12月03日(木)

1対1 [Blog]

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

写真は、もうだいぶ前に 亡くなってしまった GENKIの愛犬KELLY。

ビーチ犬とは聞いていたけど もう海とサーフィンが大好きでその情熱には 驚いたのを今でも覚えています。

何度か一緒に沖に向いましたが 意外と重くてうまく波に乗らせてあげる事が出来ずに ダメな私でしたよ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さてはて 連日まだまだ 仕事大忙しな私ですが 作った分だけ 納品もある訳ですで お客さんが乗り始めてからが 一番大切な所かもしれない。

何カ月も前から お互いに連絡を取り合って話を煮詰めてやっと作業に取り掛かり そしてめでたく納品。

だけど 完成して終わりじゃないから 乗ってみてから初めて そのお客さん達の本当の 喜びが表れてくる。

いつも言っているように カラーが100%思い通りじゃなくても 乗り心地は 120%の満足感が得られるように研究と工夫をしています。 カラーが違うから もう乗りたくもないという人も中にはいますけど もうそうなってしまうとMITSU BOARDとは自動的に 無縁になってしまうでしょう。

今では、毎日数えきれないほどの インスタ映え映えするサーフボードが世界でUpされて その派手で衝撃的なSHAPEとカラーで 人々は欲しくなってしまいます。 それはそれで パワフルなブランドとして 魅力的な訳ですから 否定出来ませんけど MITSU BOARDは ちょっと違うんです。

コンセプトしては オーダーの段階から直接1対1で話し合い今までのサーフィンとボード歴そしてこれからの課題と目標さらに性別、体格、年齢などのデータを集めてから初めて ボードを作って 完成してからも可能な限り 一緒に海に入って乗り手とボードの動きをまた チェックしてお互いの改善点を話し合いたい。

ストレートに言ってしまうと 乗り手次第で同じボードでもその評価も分かれてしまう元々曖昧な サーフボード事情。

波? 乗り手? ボード? 失敗も成功も感覚でしか分からない。 そこをあえて 明日の為にどうするべきか? をクソ真面目に語り合いたい 私です。

シェープを始めて 早20年ですが MITSUボードでいい波を乗った サーファーの喜びと笑顔が私の生き甲斐です。

だからその程度にもよるけど 値段(高くないですけど安くはない)や、カラー(やらない訳じゃないけど 完璧は諦めてる)などが サーフボードを選ぶのに最も重要だと思う方とは価値観が異なります。

純粋にサーフィンを好きな人大好きです。 皆さんがより良い波に乗る為に 今日も明日も 考えて作り続けるMISTU DESIGNです。

MAHALO
 



Posted at 17時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年11月27日(金)

LOCAL OR VISITOR 常連 それとも 一見 [Blog]

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

ALOHA〜 その後 お陰様で日増しに怪我が良くなってきて回復に向かっています。 皆様のサーフボード納期にご心配をかけてすみませんでしたが もう大丈夫だと思います。

さてはて 今日は昨日から 頭のなかでモヤモヤした事があったのですが 一晩寝てみて それが何だったのか分かりかけたので 自分を整理するためにもあえて文にしてみたいと思います。

本日のタイトルは ”ローカル それとも ビジター 常連 それとも 一見” と言う事ですが 私自身 東京生まれ東京育ちですから サーフィンを何年やっていようと本当のローカルにはなれない存在です。 それが故にローカルと言われる人に 生意気な若僧時代は海の中でで絡まれたり、怒られたりして殴られそうになった事も何度かあります。

だけど私の言い分は そんなのただの職権乱用じゃないけど ”そこで生まれただけで偉そうにすんじゃね〜! あの波は俺が先に立ったんだから 俺のでしょ!” なんて心の中で思っていました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

現在ハワイに住んで30年近くですが 最初の10年くらいはやっぱりどこのポイントに行ってもオドオドして 奥から乗った所で前乗りされて それを追っかけたならまた怒鳴られての繰り返しでした。

そして気が付けば もう人混みが嫌いになったので 誰もいないピークでサーフィンするのが自分の中で第一優先になっていました。

風が入っていても 割れづらくても ダンパーでも他人と争いたくはない。 波とだけ戯れたい気持ちがどんどん大きくなりました。 たった独りで海に入る事も数えきれないほどあります。

そんなポイントを偶然見つけて気が付いたら20年近く通ってました。 もちろんまだ20年足らずだけど 今では沢山の同類の仲間や そこで生まれ育った生粋のヘビーローカル達と気持ちよくサーフィンできるし、昔と違って誰もドロップインもしてこない どころかフレンドリーに話しかけて来てくれる。

特に話し合ったわけでもないんだけど みんなの願いは一つ。  お互いが尊敬しあっていつまでも気持ちよくサーフィンをするために海を大事にしたいだけ。

上手いとか下手とか関係ないし、お互い名前さえも分からないまま何年も海で出会って 誰もがいい波に乗りたい中で その気持ちを ”あうん”で伝え合い 譲り合えた時の充実感は何とも言えません。

それに気が付いたのは 何度も何年も同じ所に通ってその”流れ”が見えているからこそ気が付く事でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

もしかして これがローカルの気持ちなのか?

そしてそれを 守って行きたい気持ちもゆっくり生まれて来た。 今日この頃だけど 残念ながら コロナの影響でサーフィンはいつでも可能なハワイでは 春からどのポイントも連日 日の出からゲキ混み状態が続き 私の通うポイントも例外ではありません。

俗にコロナSURFERとも呼ばれていますが 急にサーファーになってしまった人や 今まで海に来ていなかったサーファーが増加しました。 

ここで問題になるのが 常連さんと一見さん。

一見さんは とにかく状況が分からないから 比較的団体で海に来てしまいます。 そして不安が故に その団体行動をする事で 常連さん達を観察しようとしない。 結果として常連さんの達が無言ながら作り上げた みんなの為のルールが成立しなくなって生態系が崩れてしまうんです。

では 一見さんは一生 常連になれないの?と言いたくなりますが そうではなくて そのルールを知ろうとして守ろうとして観察して 仲間に入るためのステップを踏む必要があるんです。 

最初はやっぱり ローカルが空威張りしてるようにしか見れないけど それには理由がある訳です。

自分が大切にしているものがない人には 分からないだろうけど もし気に入らなければ違う所に行けばいいだけって考えるのがビジター。

新しいポイントに行って やりたい放題したいのは 気持ちは分かるけど それは無責任で無神経過ぎる。

ロングに乗ってるから、上手いから、団体だからと言うだけの理由で 波を占領することは あってはならない。

ロングならロングでしか乗れない波にのればいいし、うまいなら誰よりも難しいインサイドダンパーでやればいいし、団体なら 誰もいない端で仲間とワイワイやればいい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

話は逸れるけど 日本では 知る人ぞしる 一見さんお断り又は 入り難いお店って結構あるけど 実際に行ってみると納得する。

小さなお店で席もその日の食材も限られていて マスターも美味しいものを提供するために 必死なのが分かってるから宣伝なしでも 直ぐに常連さんでいっぱいになる。

知らないお客さん同士でも通っていれば お店の流れと暗黙ルールを身につけて 自分を合わせてみんなが協力したくなるような輪が出来る。

それはそれだけ その店が愛されてるから 人が集まる。 店と言うのは、マスターであり 料理であり そしてそこの常連さんも店の一部なんだろうな。

そんな”ノリ”を感じられない ような人は海でもお店でも嫌われる ガン細胞ってわけだから 早いうちから退場を強いられるのは当然でしょう。

とにかく先ずは頭を下げろって訳じゃないけど 仲間入りしたければ 自分勝手なルールを捨てて従うしかない。 そのルールには 皆が平和に楽しむ為にあるんだから。

それでも気にくわなければ 他を探すしかない。元々彼らも ご新規さんは 求めてないですから。    

ローカルとビジター中々分かり合えない関係ですが 両方の立場を分かった上で 行動するしかないですね。

平和で楽しいサーフィンライフを維持するはあなた次第です! 

ALOOOHA



Posted at 19時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年11月25日(水)

久しぶりに寝込みました [Blog]

画像(420x339)・拡大画像(640x518)

ALOHA~ 皆様お元気ですか? ハワイは、だいぶ涼しくなってきて 先日眠っていた パーカーを引っ張り出しました。

風も強く波もイマイチな今日この頃ですが 季節の変わり目と重なって まず 1ヵ月ほど前に 膝をサーフボードに強打したのですが 翌日から痛みが出てきて その後も力が入らない日が続きました。 

捻ったわけではないけど靭帯にダメージを食らった感じ? でその後 記憶が薄いのですが 多分GOPROをお尻のポケットに入れたまま 硬いロングの上で尻もちをついて骨に食い込んだような覚えが微かにあります。  


日常生活に問題はなく どれも大したことないと思いながらも 夜な夜な腿の筋肉Upを試みてスクワットを軽くしたのですが そこからお尻外側の腿の付け根当たりに痛みが走り ここ2日歩くのがやっとで流石に仕事をあきらめて2日間寝込んでました。

年々 疲れも溜まりやすく 小さな怪我を繰り返し それがまた原因で 新たな痛みに発展するパターンが増えてます。  ゆっくり休むしかないのですが一度体調を崩すと 筋肉ががまた一気に眠ってしまい  弱って硬くなって復帰するのもまた 時間が掛かるかと思うと 気ばかり焦ってしまいます。

そんな中ベットの上からストーリーで一言呟いたら 今日は沢山の先輩や友達、お客さんと今まで話したこともないような人たちからも 温かいメッセージを頂きました。 

半分以上の人は、 体の痛みで今も困っている人や 過去の辛い経験話。 痛い話は 痛い人にしか分からないもので 回復の不安は 本人にしか分からない世界です。

病院に行くようにも 勧められますが 大体肩透かしな対応で結局 痛み止め飲んで”様子見ましょう”で終わりだろうし、 直ぐに開いてなんかされても困りますから とりあえずまだ行きません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

我が愛車も 昨年の命がけの?大手術からおよそ1年ですが 今でも2カ月に一度くらいは あちこち問題が起きては こまめに修理してます。

今も走行中に 謎の CHECK ENGINEが10秒くらい 点灯しては消えたり 明後日からはクラッチ系統のシリンダーからのオイル漏れがあるので交換します。  サビも未だに少しあって見つけては埋めてと 至れり尽くせりの33歳ですが まだまだ 健在です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それと 春ごろから 容態が危ぶまれた私の父は、無事に11月10日誕生日を迎えて 84歳になりました。 

”もういい加減ダメだよ〜” なんてまだなんとか笑って言ってますけど 本人も家族も 終活を意識せざるを得ない状況で良くも悪くも毎日緊張感はあります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今日の話は暗い訳ではなく ”形あるもの 命あるものは永遠ではない”って事を 最初から肯定的に考えたいので書いています。

なんか今年は いつも以上に沢山の人達が亡くなっているように感じて仕方なりません。 サーフィン界でも 何人かいます。 コロナとは関係ないですけどね。

ただ 何歳で死んでも その人の存在は、変わらない。 20年でも100年でも その人のストーリーは20分の20で100分の100イコール 1って言う事でそれが100%その人なんだと思う。 生きてる間の沢山の楽しい想い出の方が死んでしまった一瞬の悲しみに勝るはずですからね。 

コロナの恐ろしさは 全く分かっていない私ですがまた現在警戒レベルが問われて 新たな規制がかかってしまったら世の中どれだけの人が人生の楽しみを失うんだろう。

マスクをしていれば、家にいれば 永遠の命がもらえるんですか?

もちろん 多くの人がすでに亡くなっているけど 本当に全人類が滅亡するほど怖いんですか? って聞きたい。

他にも難病は沢山あるし 生きている限り 何をやってもリスクはありますよね? 怪我が怖かったら サーフィンなんか最初から出来ないんだから。
  
今日は、素面で書いてるのであんまり頭と口がうまく回っていませんが とにかく自分は現実を素直に受け止めて 素朴に生きて行くのが本望です。  へんてこりんなワクチンも打ちたくないな〜。

ALOOOHA

Posted at 19時00分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年11月17日(火)

手作業で手探りな人生 [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

いつもの事だけど 最後にBLOGをUPしてからまた 時間が経ってしまった。

10年以上前は毎晩欠かさずに UPしていた自分だけど今では 気が付くと1週間くらい経ってるかもしれない。

感じた事や言いたいことは 毎日作文用紙4枚くらいはある。

生まれてこの方 本が読めないほど文字嫌いなのに 伝えたい事はあったりするお年頃なんです。

イマドキは 多くを語らないで写真が全てのSNSな時代だけど あえてWETに何かを 伝えたいからこのBLOGやってます。

_____________________________

なんだけど そんなこと言ってる我が家は 私を除いて 起きてる間は ずっと 80%以上のスマホ依存症です。
(自分は60%?)

ココ半年以上自宅軟禁状態の家族メンバーは 一日平均でも15時間近くただ寝転がってスマホいじり生活が続いています。 そしてそれが スタンダードで普通?
もう足が退化するんじゃないかと心配です。

個人的にストレートに言わせてもらえれば 非常に腹立たしい限りです。  コロナはわかってるけど 本当にそれでいいのか お前ら!っとマジで言いたくなります。

同じリビングにいて 家族に話しかけても みんなスマホの動画を見て 笑っていますから 会話が発生しない現状で悲しいばかり。

食っちゃ寝の生活が 至極だと思っているようですが ”雨の日は妙に張り切るサッカー部”の出身なので大変な時こそ 張り切ろうよ!って声を大にして言いたいけど 場違いな発言でタイミング失うとウザイ親父! になってしまうのを恐れています。 (涙

この半年 汗さえもかいた覚えがない人達の生活と ちと大袈裟だけど一日中汗まみれの俺とのGAPが激しすぎるのは 確かです。

自分の物差しで 他人を計るな!と昔聞かされましたが 私の中では これ以外物差し意外はないのが事実です。





画像(315x420)・拡大画像(480x640)

そんな中 連日仕事は 今世紀最大と言っていいほど 大忙しで 手が6本くらい欲しいほど私は 仕事がありますが、もちろん2本の腕と 10本の指しかないので 消化できる仕事は限られています。

一刻も早く 受けたオーダーを完成させて皆様に新しいSURFING LIFEをお届けしたいのですが ジレンマな今日この頃です。
  

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

クタクタで家に帰ってくれば また手を抜けない ”お料理時間” の始まり。 素材の買い出しを してから 自分でも疲れちゃうけど気になったら包丁研ぎもして  ホロ酔いいい気分で お料理を開始。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

この日も 急に日本から新鮮なカワハギが 届いて自宅で対応。

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

料理もシェイプも 作業と時間かかる割には お金にはならないもんです。

それでも それを食べた人、乗った人の笑顔があれば また頑張れる私がいます。

どうやらそういうのが 好きみたいです。 

どうなる事やら 2021?

私は マイペースで生きます。 好きな事、やりたい事 出来る事に 没頭して人生適当な所で終わりたいもんです。

Posted at 14時25分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.