Mitsu Surfboard Design

2020年01月28日(火)

もうすぐなんです [Blog]

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

遂に ここまで来ました。 もうすぐです。

画像(420x315)・拡大画像(640x480)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(236x420)・拡大画像(360x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)

画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x315)・拡大画像(640x480)
画像(420x315)・拡大画像(640x480)

画像(312x420)・拡大画像(476x640)

Posted at 02時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年01月25日(土)

やっぱり 作るのが好きみたいです。 [Blog]

ビデオは、もう10年以上前のです。

サーフィンが好きで 毎日自分のを板を作りたい。 寿司が好きで毎日食べたい。そこから始まった自分。

料理とサーフィンが大好きな自分が今もいて 毎日のようにサーフボードを作って 家に帰って来ては料理もしてます。

お金が儲かるもしくは もらえると言うのは 後からの話で 好きが最初に来て やってるうちに誰かが払ってくれるようになって 毎日の生活が成り立っているのが 振り返ってみると自分でもよく分かるようになりました。

  
数学の方程式から出てくる ただ一つの答えとは違って サーフィンも料理も その答えの出し方と答えは無限にあるから 何年やっても飽きない。

失敗しても成功しても 好奇心が加速するかのようにまた 明日 違う方法で試したくなってくる。

若い時より ボードを使うよりも
作る+料理を食べるよりも 作る方により喜びを感じるようになって来たかな。

物を作る事で自分を喜ばす事から 他人を喜ばせたい気持ちに発展したみたいです。

たかがサーフボード製造業だけど 週に一回の楽しみだったり 怪我が治ってからの楽しみだったり みんな様々な想いでいい波に乗るいいためのサポートが出来れば 世の為人の為になるので いい事だと思ってます。

ALOOOHA

Posted at 05時17分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年01月23日(木)

やっぱり温故知新なのか。 [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

時間に追われて 2020の1月も後半です。
常に何か新しいモノを 作らないといけないと思い込んでいるSHAPERとしての私ですが 年末からこれまでに 5〜6本GENKIモデルのオーダーが入ってきました。

全て オリジナルGENKI MODELの2015年式EPS仕様で 厚さは2.5〜2.63のペラペラ。

長い人で4年短い人で数カ月という期間で 全ての板は真っ二つに折れてしまっている現実。

ダブルストリンガー、ワイドラップ、Sクロス、ボトム2枚巻きなどなど その都度で対策は、練っていますが 原型となるボードの薄さの限界で ヤバい所にハマってしまうと 折れてしまいます。

それでも折ってしまった90%以上の人達は また同じく極薄で軽いボードをオーダーしてきます。

折れなければずっと使えたのに 作り直して商売するのは気が引けるので もっと厚く重くして強度UPを提案するのですが それは無しで あの薄さのしなりと軽さの動きが忘れられないほどの禁断症状?になるみたいです。

GENKIも私もあの当時から長い月日が経っているのですが 今になってあの時のボードは完成度が本当に高かった事を感じます。

それはある意味 言い換えれば昔から進歩してない事にもなりますが 今年は、もう一度素直に 古き良き物を見直して行くのもいいかなと思っています。

職種は異なりますが、お笑い芸人、漫画家、歌手の方達も HIT作を出した後 それを超えるモノを作るのは至難の業かと思います。

話題も完成度も高い 新しいブランドもたくさん存在する現在ですが 1本1本カスタムで全ての工程を仕上げて行くボード作りには まだまだニーズがありそうです。 


 

↑VIDEO
オリジナルGENKIモデルの特徴は、とにかく機敏に反応するので
先が読めない忙しい日本の波でも 薄く細めのアウトラインと鋭いテールエッジ自分の意志と時間差なくターンが出来ます。

ここ数年の流行は ”ロングはロングらしくおっとり しなやかに乗ろう!”ですけど HAWAIIAN STYLEは、不滅です。

自分の意志で ターンしたい人は、このGENKIモデルをお勧めします。

ALOOHA

Posted at 04時57分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年01月21日(火)

やっと初乗り [Blog]

↑ click youtube

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

先週やっと 初乗りサーフィンに行ってきました。
元旦から 嵐のような天気が続き クリスマス以来 波乗りに行く気にもならないほどの 悪天候でした。

青い空、透明な海、新しいボード, 果てしなく近い虹、巨大なウミガメ そして海で会える仲間達。  いつも当たり前だったのですが あらためて再会できた事に 感謝です。

私に取って 仕事でもあり 遊びでもある波乗り人生の半分以上かな?  とにかく今年もよろしくお願いします。

MAHALO

画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(420x236)・拡大画像(640x360)

Posted at 06時22分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年01月14日(火)

Custom fins by Island Fin Design [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

先日立ち寄った ISLAND FIN DESIGN

今年のMITSU ORIGINAL FINの柄が決まったので打ち合わせに行ってきました。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

いつもながら 手作りの工房で一人静かに 働き続ける STEVE MARK。

”いいタイミングできたな” と笑いながら半分皮肉?
丁度 樹脂作業で手が離せない工程の最中で フィンの元となる パネルを作っていたから。

”Oh! I No RUSH NO WORRY" と私。

私も 時にお客さんが工場に来る時があるけど 作業中に来られるとどうしていいのか分からなくなる。

かと言って何時何分から 来て下さいと お役所さんみたいな事は お互いに言えない仕事柄です。

作業中は 自分の世界に入っているので 厳しい顔は当たり前愛想笑いや余計なトークも出来なくなります。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

急ぎの作業が落ち着いたら 笑顔になってこの通り。

”廃材を ふざけてフィンの形にしてみたんだ” と言いながらこれを見せてくれた。

何十年も何万枚も 毎日フィンを作り続けて それでもこんな余計な事まで やってしまう彼。

この人ほんとに FINが好きなんだな〜って 思う。

自分も 何度かフィンを原材料から作った事があるんだけど 大変な作業です。 

ベタベタの樹脂と20枚以上のクロスでガラスの上に 完璧に平面のパネルを作り その後はとんでもなく硬くなったそのパネルをフィンの曲線に切り取って そこから流体力学に従ってフォイルして 今度はBOX部分のピン付けや 穴あけなどなど。  その工程は、非常に長く、原材料と手間を考えたら けして儲かる話じゃないのは確かです。

私が知っている限り ハワイでは彼以外にFIN職人いません。 
中国製がほとんどで 今では質は悪くないかもしれませんが私のような小物のカスタムは 不可能です。

そういう意味では 私のボードもどこで誰が作っているのか分からない商品ではなく 買う人と作る人が最初からふれあい語り合えるという ストーリーがあるのは お互いに嬉しいものです。

小さくても自分に与えられた仕事は、そのニーズがある限り ”好き”という気持ちを大切にて行けば良いものが出来ると信じてます。


画像(315x420)・拡大画像(480x640)

今年は、去年から取り掛かっている ツインフィンを復活していこうかと思って 自分だけのテンプレートでKEELをオーダーメイド。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

上の写真は、これまでの色々なSHAPER達のテンプレートだけど 10年以上前に自作で作ったフィンを採用することにしました。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

これが 先日GENKIに作った TWINだけど どうしても気がいいと言われてやったけど 中々いい木が見つからないし 作業工程上も難易度があるので ファイバーグラスと木の組み合わせを考えています。

画像(336x420)・拡大画像(512x640)

で、これが MITSU ORIGINAL FIN 2020の模様です。

画像(336x420)・拡大画像(512x640)

年末 無い知恵を振り絞って ハワイと日本のイメージをコラボさせてみました。

イメージを小さくすることで どのフィンにも もれなくその柄が楽しめるかなと。

まだまだ 時間係りますが (通常年に2回入荷です)

 乞うご期待!

Posted at 17時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.