Mitsu Surfboard Design

2020年10月30日(金)

ビデオしてみた。 [Video]

GENKI

NELSON

Posted at 04時02分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年10月18日(日)

single fin movements [Video]

映像は、もう3年前の宮崎で 2+1を本職とする WSLのLONGBOARDER達による ある意味 お遊び的なSingle LOG部門です。

このあたりから LONG=Single (LOG)みたいな方程式が確立してきたみたいだけど 今ではハワイでも みんなSingleに乗りたがってる子達がいっぱいです。

エッジのないボードをパワーポケットにセットして波が押し上げてくれるのを待つ乗り方なんだけど 思い通りにメイクするのは じれったくて難しいのは確かです。

上手い人が乗ると楽しそうだけど これから乗る人は それなりの覚悟が必要ですよ。

いつも難しい所に 楽しさが隠れているのが 波乗りですけどね。

Posted at 05時52分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年07月20日(月)

OMILU SINGLE FIN [Video]

5月から 続いていたSOUTH SWELLも落ち着いてここ最近あまり波のない日々が続いています。

なので TWINで乗っていた 610のOMILUをSINGLE FINにして試乗し始めました。

結果は、想像以上に楽しい乗り物です。

おっとりとした体形から 余裕のあるテイクオフで滑り始めて そこからは大きなラインでボードは 走り出すのですが 焦ったりちょこまかしないで 大人なサーフィン?を心がける事が大切です。

MID LENGTHと言われるように ショートでもロングでもない動きになれる必要もありますが その一つは、STEP IN&OUT スピードを出したい時は 大き目の1歩で板の前に加重して トップターンでは 逆にステップ バックでテール加重。

難しいようだけど とにかくボードのスピードが安定しているのでそれを利用して行けば 文字通りのFUN BOARDです。

ちなみに テイクオフは、ショートよりも格段に早いので乗れる本数は増えますが 9’のロングのようには行きませんので 当たり前ですけど 乗れない波は乗れないです。

ロングでは、沢山乗れてもたった後長さが邪魔でターンが思い通りに行かないとか ショートでは、立っても板をパタパタ叩いて ボードをスピードに乗せきれないまま終わりがちとかありがちですが 今までにない スピードとコントーロール性を体感できるのが このOMILUです。

TWINとSINGLE 完全な両刀使いと言うのもお得感ありありですよ。

Posted at 09時05分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年07月15日(水)

can we do it again? [Video]

Posted at 17時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年07月01日(水)

Omilu (Mid length) 6'6"-8'+ [Video]

実験段階から 更に手を加えて 先週から乗り始めた ミッドレングスのOMILU(オミル)

先月新作発表した PAPIO(パピオ)は小型のシマアジだったけど それよりも一回り大きいサイズのシマアジでオミルと言う綺麗な青と黄色の魚から来ています。

自分の5’8”のPAPIOのツインフィンがあまりにも良かったのでこの感動を皆さんにと思ったのですが 5’8”は短過ぎる方達の為にそれを一気に拡大したのが OMILUの7FEET前後でミニロングよりももう一つ短いミッドレングスとです。
(写真は、6’6”ですが8’0”くらいまで拡大可能です)

波も頭前後あったので ここ数日は、本命のTWINで乗り込んできました。 ハッキリしたのは やはり7’0”くらいのの長さからは 5’8”の速いリズムで波を切り裂く事は出来ませんでした。  イメージとしては長さと厚さでうねりから立って その後は58のツインの同様にバッキバキにスピードを出してターンを入れまくる。。。

でも実際は、 7’0”くらいだとパドル〜テイクオフ〜ボトムターン〜トップターンはすべてがスローモーションのようにゆーっくりなリズムでした。

その代わり 下のビデオを観ても分かるようにスピードは乗ってますので 必要以上に暴れないで 優雅にカッコよく乗るのが 基本です。

ミニボードに乗って忍者ムーブが出来る人なら 必要ないかもしれませんが そんな事は元々しない(もしくは出来ない)という人は このOMILUで方向性や推進力に任せてより長く、よりスピーディーなライディングを体感してもらいたいです。

フィンは、ツインが個人的にイチオシですが シングルも捨てがたく 2+1は、間違えないでしょう。
 

普段9’ロングの人は 8フィート前後で少しスリリングなサーフィンを そして普段ショートの人は いつもより6”〜12”くらい長くしてゆったりサーフィンを味わってもらいたいです。

コンディションや気分で フィンを変えて 1本で2本分は楽しめるFUNボード。 想定サイズも小波からオーバーヘットまで余裕の対応です。

長い分 パドルの位置も乗った後もステップインやステップバックの前後移動が必要になりますが その辺も波とボードの状況を常に把握するためのいい練習になりますので マスター出来ればレベルアップにつながるハズです。

ロングには無かったコントロール性 ショートには無かった推進性。 ロングでは甘えていたパドル、ショートでは進まなかったパドル。 などなどいつもの同じ波でもボードを変える事で今までとは違った角度で 波と戯れる事が出来るもんです。

自分のサーフィンがマンネリ化してたり、最近伸び悩んでいる人には きっと何か新しい発見があると思いますよ。

Posted at 20時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.