Mitsu Surfboard Design

2017年02月16日(木)

Back to normal [Shaping Lab]

先週の洪水騒動もいつの間にか終わり 天気も仕事も平常モードに戻りつつある HAWAIIです。

文字通り ”悪い事は 水に流そう”と言った感じですかね? 

借家だったのですが 天災と言う事で 大家さんの責任はなく 個人で保険に加入していないとなんの損害保証もないと言う事で やられ損に終わってしまいました。 

だけど 困った時に 助けてくれるたくさんの友達を確認出来たことは 隠れた財産を見れた気持ちで嬉しく思いました。

残りの人生も目に見えるモノの価値より 目に見えない人の価値大切にしていきたいものです。

画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)

と言いながらも 目に見えるサーフボードを毎日作っていますが 1本1本自分の分身として どこに行っても恥ずかしくない 高い機能性のあるボードつくりを心がけております。

上の白黒ボードは AKULEのメス(ラウンドテール)511−20.5−2.5で気持ち薄めのレール。 オールラウンドに活躍しそうです。

下のHAND PAINTは EPS NELSON MODEL 2017 9−22−2.63. ここ昨年使ってる エポキシ樹脂が PRO LINKと言うのですが 驚異的に白いです。 白以上に白い 蛍光灯のようです。 その上軽く効果も早く 炎天下に放置しても黄色くなったボードをいまだに 確認したことがないです。 今では5〜6のエポキシ樹脂のブランドが存在しますが微妙な部分でその粘土や硬化速度、強度、重さ、日やけ指数が異なってきますが 使い続けて数カ月絶たないと その結果は確かではなく 新しいものが いつでもBESTとは限らないのが 現状です。 

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

上のが カスタムオーダーのオリジナルGENKI MODEL。
超軽量仕上げの薄〜いボード。 もうすぐ完成です。

黄色いのは 実はNELSONのニューボード。 最近釣りばっかりして 頭の中が 魚でいっぱいみたいなので 勝手にウロコ模様にしてみました。 HAHAHA

画像(420x420)・拡大画像(640x640)



シンプルな色使いなのに ここまでクリエイティブなのは彼女ならではですね。

ちなみに Nai'aとはハワイ語でイルカです。

今回は94−22.38−2.88のDN MODELに挑戦。

小柄な女の子と言う事で テールエンドをほんの気持ち絞ってみました。

もうすぐ完成 お楽しみに〜。
 

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

WAIKIKI KAIONからの こだわりの逸品。a>

EPS GENKI MODELをベースに KAION NOSEとSQUARE テールにQUAD FIN。 フィンの間にはリバースVEEを彫り込んでみました。

QUADは一般的に シングルコンケープと相性がいいです。
QUAD+VEEボトムだとセンターフィンがない分 常に左右にブレてしまい ボトムでのタメがつくり難く踏ん張りところがなくなってしまうからだと 考えています。

なので 厳密にいうと シングルでも調子よくてQUADでもGOODとうのは 相反してしまうのでどっちもというのは微妙です。

もちろん 乗れないことないですけど BESTではないかもしれません。 

Posted at 23時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2017年02月03日(金)

2016年12月01日(木)

2016年11月04日(金)

短いの出来てます。 [Shaping Lab]

画像(314x420)・拡大画像(479x640)

WUP,AKULE,KAITO モデル改造バージョンなどなど 色々出来上がってます。

WUPは、今後は 更なるレールのチューニングのする予定ですが、 これはこれでいい所もいっぱいです。 乗り方や好み波の種類も常に異なってくるので 波乗りは白黒はっきり付けるのが ほぼ不可能な世界かと思います。

その時出くわした 波や板に順応して対応して己の進化をも続けて行くのが ある意味一つの楽しみなのかもしれません。

LET'S GET OPEN MIND ALL THE TIME

ギャラリーBLOG見て下さい

Posted at 15時01分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年11月02日(水)

KAPONO's weird model [Shaping Lab]

画像(420x338)・拡大画像(640x516)

今回 カポノは久しぶりの宮崎トリップでしたが 地元での彼の人気は健在でした。 

ビーチでは果てしなくメローでスローな彼ですが 波の乗るとイキナリ野生化?して 素早くて予想のつかない動きを魅せてくるところが 面白い。

今年の夏ずっと乗っていたこのボードは 彼が私に提案したもので テール半分はネルソンモデルでノーズ半分は 限界まで広く厚くなっていて ノーズの最先端でも2cm近くの厚さがあって 一見何かの間違えでは?と錯覚するほどです。(90-21.88-2.63)

彼も変わってるし、ボードも変わってるので モデル名を付けると Weird MODEL (ウィアード モデル) 意味はちょっと変態ちっくな 変わり者で スタンダードではないと言った感じかな。

でも本人はかなり気に入っていて 今回2本目を全く同じでPUで作った所なんですが 流石になんとなくノーズが重いかもしれない。 体積はあっても ノーズを軽くKEEPするなら やっぱりEPSが良さそうです。


黄色のお気に入りボードは 宮崎のDEAR SURFにDEMOボードとして置いてきましたので お近くで興味のある方は是非CHECKしてみて下さい。

コンテストでは いまひとつ波が足りなかったけど KAPONOの止まらないサーフィンVIDEOみてください。
MAHALO

Posted at 04時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.