Mitsu Surfboard Design

2021年09月16日(木)

曲がり方について [Blog]

1本の板で 様々なFINシステムが体感できるOMILU。

もう長い事乗っていますが 昨日は、初めて?2+1で乗ってみました。 そしてフィン自体がどうやって曲がって行くのかまた 体感しましたのでレポートします。

シングルのいい所は、ラインが綺麗になる事。 ターンのキッカケが取り難いので なるべくターンをしないで波の力を常にもらいながら ボトムに降りてそのスピードでまたパワーポケットに板をセットして基本的にハイラインで先走りは出来ないからじれったいようだけど カールから離れないように波を信じて乗って行く。 なので いい波が理想。

ツインは、一言で言うと スピード命。 だから波は速い方がいい。 ハイラインでショルダーに張り付きながらとにかく走れ走れ! 切れ目が見えたらスピードを生かしてカービング。  バックフィンがないので垂直に降りたり上がったりするとピポットターンしないのでTOP&Bottomではなく SIDE TO SIDEな乗り方が◎

そして2+1。  とにかく反応がいい。 シングルやTWINと違っていつでもどこでも 思いついたらすぐにターンできるし トップからのよじりも鋭角に切れ込んでくる。
なので波が 多少悪くてもその機敏さで メイク出来る可能性も高い。

だったら2+1が最強じゃない? って言いたくなるけど 容易に動いてしまうが故に 分かってないとライン取りが汚くなってしまう=波の状況を無視してしまうので 結果的に独りよがりなサーフィンになりがち。 シングルもツインも歯痒さはあるんだけど ドンピシャで板が波にハマった時の快感は 何とも言えない無二な快感があります。

今日は、ざっくりとフィンシステムについて語りましたが、曲がるキッカケは、テールエッジも関係してくるし、ボード自体の厚さでもレールの入り方は違ってくる。 曲がり始めてからは、テール形状(アウトライン)でその弧の半円が変わってきます。 更にコンケイプなのかVEEボトムなのかも影響してきます。 

全てが混ぜ合わさってボードが曲がるのですが 乗り手は、足の裏に全神経を集中する気持ちで 何が起こっているのかを感じてほしい。  フィンで曲がる。 ボードで曲がる。
両方なんですけど傾けている時間が長ければ長いほど そのキャラは、浮き彫りになります。

その上で 自分の求めている動きが発見出来たら 次のボードで実験あるのみ。 一緒に傾向と対策を練っていきましょう。

終わりはないけどね〜。

MAHALO



画像(420x315)・拡大画像(640x480)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(420x315)・拡大画像(640x480)

Posted at 04時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2021年09月08日(水)

Casually for more Nose [Blog]

今週もまた NEW BOARDでテストライドしてきました。
CASUALLY(果汁あり)は、これで7本目になります。

”成功するまで続ければ失敗はない”と誰かが言うように やるからには とことん納得いくまでチャレンジしたくなるのがMITSU DESIGN

漕げば漕ぐほど加速するパドリングから 楽ちん過ぎるテイクオフ、 スムースで伸びのあるファーストターン そしていままで 刺さりがちだったノーズライドを今回は 大きく改善しました。

7本作った中で最初の1本はノーズコンケイプがなかったのですが それから コンケイプを入れ始めて深くしたり長くしたり浅くしたりを繰り返し 最終的にノーズに関しては1本目が一番良かったとGENKIに言われて今回は、またノーズコンケイプなしと言う流れです。

もちろん波のサイズやスピードにもよるので多種多様ですが 波がホレあがったセクションでのノーズは コンケイプなしの方が張り付き感がなく スプーンの底側の様に水を左右にかき分けてノーズライドをより長く可能にしてくれます。

でもシェイプと言うのは 複雑なものでボード自体のロッカーやアウトラインはもちろんですが このノーズコンケイプに関してはどうやらノーズ付近のレールのボリュームと形状が大きくか関わっているようです。

実験結果から言うと 意外なもので ノーズが薄めの場合は、コンケイプなしで厚い時は コンケイプありの方が調子いいです。

水流学など全く分かっていない私は、常に実験あるのみ結果から何かを学んで その後理屈を探していくパターンです。

何はともあれ 百聞は一見に如かず。 先週まで出来なかった事が 何度も出来るって事は やっぱりボードのおかげです。 ロングボードは特に乗り手よりもボードが半分以上波乗りしてるからボードのキャラは、無視できないもです。

いや〜それにしても昨日は、いい波沢山乗った。 GOPRO映像では分かりにくいけど サイズはムネカタ+でクリーンでスーパーロングライドでマンライ連発。

3時間以上乗りまくったけど この果汁ありのおかげでストレスフリー。  最高でした。

Posted at 03時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2021年09月06日(月)

Hawaii now [Blog]

画像(314x420)・拡大画像(479x640)

ALOHA From Hawaii

いや〜日本も9月に入ってからいきなり冷え込んで来たようですが ハワイも朝夕風が冷たく 陽もずいぶん短くなったように感じるこの頃です。

そして ジワジワとまた コロナの影が濃くなってきました。  先月前半くらいまでは どこも人混みだったハワイで すっかり観光も街も過去の勢いが戻りつつあったのですが ここ最近また 新たに蔓延防止対策が発表されて 昨日から遂に 公園などでもポリスが違反切符をちらつかせながら 見回りしてます。 空からはヘリコプターなどでも監視しています。

ワクチン接種の有無に限らず アメリカ本土からの旅行も来難くなってきました。  今の所 オアフ島では屋内10人以下で屋外は25人以下までの会合は許されているようですが 今月13日から60日間は 更に厳しくなるようでワクチン証明がないと行動も制限される他 公共で働く人達もほぼ半強制的にワクチン接種を要請されています。

私自身も遂にしばらく前に2本打ち終わりましたが この数週間で身の回りで感染した人が続々増えて来ました。
なので一年前までは コロナはヤラセだと信じていましたが やっぱり存在すると今では思っています。

でもワクチンも絶対的な効果は得られないまま 新種の菌が続々と進化してパワーアップしている現在は、 世界的に見てもすべてが1年前より悪化してるとしか思えない。

本当に 人間が今できる事は ロックダウンや蔓延防止対策を守るだけなのか?   そして数ヵ月間続けてまた ゆっくり感染者が増えてまた ロックダウン??の繰り返し。

どうやって終わるんだろうね?  もうマスクなんか 要らないと思ったけど まだまだ続きそうです。 

私のようなおっさんは 若い時やりたい事散々やって来たからもういいけど 若者たちが 可哀想に思えて仕方がない。

ただただ 自宅で端末を覗き込みながら毎日が終わるだけ。  だけど自分の子供達聞いてみると もうすでにそれがスタンダードで辛いとか嫌だとかいう感情はあまりないみたいです。 

もう 人間はこのまま 元に戻らない世界に対応し始めているよね?   昭和な私には 理解できないけど 時は止まらない。 寝ている間にゆっくりと動いています。

今日は 結論のない話ですが ここで終わります。

朝から 2回もサーフィンしてクタクタなので 寝ます。
でも明日も波良さそうだな〜。。。 (一応 祭日みたいです)

ALOOOOHA

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

Posted at 19時49分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2021年08月21日(土)

53 [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

(この写真は、夕陽の中ワイキキの上に現れた月です。)


Happy Birthday to me.

今日で53歳になりました。 あっと言う間でした。
これから先は 更にあっと言う間になるような予感がします。 
冷静に考えれば 泣いても笑っても 長くてあと20年くらいで今やってることは もう ほとんど終わり。

生きてるかもしれないけど やりたいことはもう出来ない体になってるから。

50代にしてはイケてる? かもしれないけど ここ数年で 老眼も激しく進んで 慢性的な腰痛もゆっくり進行して、日々衰えてるのは自分がよく分かっています。

毎朝起きて 時間に追われながら 仕事をしておなか減ってなんか食べて また夜が来て疲れて寝て また朝が来ての 繰り返し 繰り返し 何十年。。。 

もう 今ではあまり手が掛からなくなった子供達とも 我に帰れば一日 一言二言かろうじて 話すだけでその日が終わって行く。

大袈裟だけど 残りの人生は、もうカウントダウンに入ってるって実感しています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それは、まるで夕方のサーフィン。 さっきまで 当たり前のように高かった太陽が気が付いたら オレンジ色に変わりそして加速するかのように沈んでいく姿。

あともう一本乗りたい。 でも波は来ない。 日が沈むのが先か 波が来るのが先か? どうなる俺! 

夜が明けてから 昼間もずっと太陽(地球)の位置は動いてるけど 人々はあまり気にしてないけど 夜が近づけば誰もが気が付く。

だから53歳は 気分的にはもう夏の5時30分かもしれない。
まだ明るいけど もうすぐ暗くなるのはわかってる。

最後の30分でバタバタしないように 今なら出来る事を今日からやろう! って自分に言い聞かせています。

人間いつだって出来る事しか出来ない。 波が来る前に出来る事はパドリング。 待つことも大切だけど 動くこともまた大切。

断酒生活ももうすぐ 3ヵ月になりますが もう酔っぱらって気絶している時間は 自分には ありません。

世の為、他人の為、家族の為に 自分に出来る事をして貢献することが 意味のある人生なのかなと やっと思い始めました。  

何でも口で言うのは簡単ですけど こうしてBLOGで書きあげると 自問自答から行動に変わる事もあるもんです。

たしか 昨年の今日日本からハワイに戻りましたが それが父との最後のお別れになりました。 でもそれが最後になるってお互い分かっていました。 外出禁止令のおかげで 父と自宅でゆっくりできたのは 神様の仕業だったのかもしれません。

素面なので 朝から重い話になってしまいましたが 本日は以上。   今日も張り切って 粉まみれのサーフボード工場に行って参ります。

MAHALO & HAVE A NICE DAY



ちなみに 私は 母と同じ誕生日なんです。

画像(380x420)・拡大画像(580x640)

Posted at 04時33分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2021年08月12日(木)

需要と供給 [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

ALOHA FROM HAWAII
いや〜コロナがまた 世界的に悪い方に進行しつつありますね〜。  インドじゃなくてデルタ? 

世界各国でワクチン接種を半強制的に勧めていますけど 一年前より事態は悪化してるのは 否定できませんよね。

アメリカ(一応ハワイも含めて)は、ワクチンをきっかけに全て克服したかのように 街は、活気づいてきたかと思いきや どうやらまた 後戻り対策が 今日にでも始まろうとしています。

一昨日は、ワイキキの丸亀うどんで、100人以上の人が行列をつくって順番待ちしてたけど レストランや教会も50%以上店内には入れなくなったり マスクや6FEET間隔ルールも厳しくなるようで 25人以上の会合は出来ないとか言ってますけど ワイキキビーチは、パラソルを刺すところがないほど激混みが現状です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サーフボード工場の方も この一年間は 歴史に残る?ほどの忙しさで未だに 需要と供給のバランスが取れていません。

そして 誰でもボードを持っていれば売れるという時代なので大手ブランドは、より多くの在庫を生産したくて どこも必死です。 材料の買い占めから工場の独占行為。 売れそうなものを 大量生産して大量販売して もっともっと お金お金お金!な路線まっしぐらなのは 見ていて明らかです。 

今までは、 それはそれで自分には全く関係ないと思っていたのですが 作り手も工場もみんな営利化が進んでしまうと私のボードは工場で厄介者扱い? ほとんどすべてがカスタムでカラーはもちろんマークの位置など決まったパターンがないので 時間が掛かるからです。

特にEPSは、樹脂の硬化が通常のボードの2倍かかる事もあり今後は、今の工場では 継続不可能と言われました。
TINTも時間と手間がかかるので 数年前から他の工場に送ったりしてます。 

この時間のかかる作業を担当してくれる職人さん達も他の簡単なボードを触っていればより沢山のボードを生産出来る訳でもっとお金がもらえる訳ですから 今ではその作業料が1年前の2倍くらいに 跳ね上がっています。

私も 自分の名前など忘れてどこかの大手の会社のボードを黙ってロボットのように仕上げていればいいのですが 私が求めている姿じゃないんです。

私にしかできない仕事がしたい。 オンラインやお店では買えない特別な1本を求めている人達がいる限りその 需要を供給したいだけなんです。

でも それがだんだん 困難になっている今。 安かろう 早かろう で 最近の中国産は 悪かろうではなく けっこう 良かろうな高品質になってるから 私のボードよりもお買い得?

小さな町の 手作りお弁当屋があった時代は 手切りのきんぴらごぼうやポテトサラダにシュウマイや唐揚げと炊き立てのご飯だったよね。  美味しくて安くて人気が出て 昼時のホカホカ弁当は 人が並び始めて待ち時間が長くなって 昼休みに食べるのが 困難に陥った。

これは 儲かると大手が参戦して マニュアルを作ってチェーン店化が始まり、野菜も肉も自社工場で大量の仕込みで冷凍保存になる。 作りても買い手も 変なこだわり無くせば  味の安定、仕込み時間削減、安い、早い、うまいでお互いHAPPY END。

そして 更に安くて美味しそうなお弁当作りの競争が絶えず 今の日本は作り過ぎで 連日想像を絶するほどのお弁当が処分されていると聞きました。 

そうなると今度は、腐らないお弁当作りっていうのも考えられてる訳ですが 体にいい訳がない。 本末転倒です。

生きている限り お金と時間に追われる私達ですが 永遠の命も お金もない事にいつか気がつかないと なんの為に生きたのか分からなくなってしまうような気がします。

昔を惜しむ訳では ありませんが これでいいのかなって思う今日この頃です。

MAHALO    

Posted at 03時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.