Mitsu Surfboard Design

2022年11月18日(金)

OMILU 3  [Mitsu Design]

画像(314x420)・拡大画像(479x640)

2020年の6月から 正式にデビューした OMILU。
2年半の間 研究しながら乗り込んで来ましたが 3つのモデルを完成として これにて一度研究を終了します。

様々なコンディションはもちろん 長さやフィンシステムをテストした結果 単なるミッドレングスの2+1だけでは物足りなくて モデル2&3を追加した次第です。


元々は、ショートもロングも乗っている自分ですが その真ん中のボードで調子いいのが中々見つからず長年悩んでいましたが 単なる7’くらいのファンボードではなく 本気で研究しようと思ったのが2020年の春でした。

長すぎず、細すぎず、厚すぎず? って一体どういうことなの? から始まり 先ずは7’ー21−2.75のフラットデッキ。  乗ってみると 長い分ステップインして ノーズ寄りで緩慢なセクションをつなぐ事もあるので もう少しノーズは広め。 ホレてるセクションもボトムに降りたいからもう少し エントリロッカー、ツインでも乗りたいから テールは広め、長すぎもつまらないから もっと短めなどなど。。。。


試行錯誤して完成したのが オリジナルのOMILU(写真左)
長さの割に にテイクオフは楽になって 乗ると長さ以下に動いてしまうので ロングからの乗り換え組にも好評でした。

シングルとツインの両刀使いがお勧めでしたが その後は少し もう少しツインを優先したくなって 真ん中のOMILU2が誕生。 これも当初は、シングルとツインの両刀使いでデビューしたのですが ノーズを尖り気味にしてテールをスワローにしたことによって 明らかにTWINを優先した乗り味になりました。 

ステップレールと言う浮力はあるけど薄めのレールで サイズやパワーのある波でも機敏にレールが入るので ハイラインでカッ飛べます。

その後つい最近 誕生したのが OMILU3(ハイタイド)モデルで オミル2の尖ったノーズでは 沖からのはっきりしないピークでセットを逃す事が悔しかったので それを改善するためにデザインしました。

とにかく 平らな部分からでもミニロングの様にパドルでひっかけて ”誰も沖から奥から 文句なしに立ってしまいたい” と言ってみれば 私自身のエゴから生まれたボードです。 

このOMILU3も シングルとツインの両刀を求めてやってみたのですが 今度は、予想通りTWINはダメでした。
モデル2とは逆に頭でっかちのアウトラインで テールを踏み込むには無理があり TWINの機敏な動きもノーズが重く感じてリズムが合わないという結論です。
その代わり 8”のシングルフィンでは スピードを維持しながら 深いボトムターンから 大きなトップターンで優雅な乗り味が最高です。 

画像(314x420)・拡大画像(479x640)

あくまでも 自分探しのMID LENGTHとTWIN物語でしたが ほぼ同時に世界的にも 注目されるとは 思いませんでした。 

CI MIDって何?と思って ググったら チャンネルアイランドのミッドレングス? 彼らが初公開した 動画も私がOMILUを作り始めた時とほぼ同じ? 

その後は、他の大手ブランドもみんなして 似たようなMIDサイズボードを作り始めてる事プチびっくりです。

数十年前から 言われていたこの7’前後のボード革命ですが いつまでたっても 火が点かなかったんですよ。

私自身 過去に何度か作っていますが イマイチ夢中になれなかったんです。 それはきっと乗り手として何がしたいのかが分かっていなかったからだと思うんです。

ショートの人もロングの人も、自分の乗り方を変えないまま MIDに乗ると思い通りに行かない。

テイクオフのポジションはもちろん アウトラインを使ったターン、ステップイン&バックなどが 新し過ぎて対応できない人がほとんどだと思うんです。
  
でも 一度そのノリになれてくると 今までになかったリズムとラインで波に乗る事が出来るのは 新たな喜びに変わります。 

流すところは流して 踏み込むところは踏み込んで。 それが分かってくると ショートでもロングでも出来なかった事が可能になって また自分のスタンダードのボードに戻った時に 新しいアプローチを思いついたりします。

ほとんどブランンドが 2+1を標準フィンシステムにしていますが MITSU DESIGNはシングルとツインにする事で 乗った瞬間からレールサーフィンを強制して ボードの長さを体得することをオススメしています。

フィン頼みでガシャガシャと暴れてしまっては、せっかくのFLOWするべき所を掻き崩してしまう可能性があるからなんです。 

思い通りに行かないのは 問題かもしれませんが MIDにはMIDらしい動きを 分かってもらいたいんです。

そして 更にはMIDの良さを引き出す波質も 絶対に無視できません。 基本的に 長くなれば長くなるほどターンは伸びるので それなりにクリーンでショルダーのある波に乗らないと MIDの良さが出し切れません。

そうなってくると MIDの出番が少なくなってしまいそうですが 適材適所で使い分けが必要です。

例えばロングには 大き過ぎる時、パワーがあり過ぎる時、逆に ショートでは、沖から引っかからない時、波が遅すぎる時など とにかく自分のスタンダード板じゃどうにもならない時に 楽しませてくれるのが MIDサイズだと思うんです。

MIDと言えども 最近は 6’4〜6’2くらいまで短くなったりもしていますが ホームポイントのありがちな波や自分独特のリズムを考慮してのサイジングだと思います。

用途別のOMILUの3モデルの選択も迷いますが もっと大切なのはボードのサイズ。 デカ過ぎも小さ過ぎも良くないので現在までのボード履歴を元に カスタムしましょう!


まとめ

OMILU1(オリジナル)− 基本形となる最もオールラウンドなデザインで どんなフィン設定もOK 

OMILU 2 (スピード マスター) − 基本的にTWIN設定。 サイズあり、ショルダーありの日に ドピークからカッ飛んで 走りまくりのせっかちさんにピッタリ。 とにかくスピード命! 

OMILU3 (ハイタイド)− シングルおすすめだけど2+1もありで TWINなし。  一番沖からセットに乗りたい貴方の1本。 波は、肩がなくてもボトムがある波が理想で ゆったり大きなターンが合ってます。

ちなみに シングルフィンとは言え めちゃくちゃ動きます。

↓OMILU3 SINGLE

Posted at 09時51分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2021年07月11日(日)

Casually (New model) [Mitsu Design]

画像(315x420)

ここ数年でロングボード=シングルフィンでノーズライド的な思考がメジャーになってきているのは もう誰でも感じていると思います。

30年くらい前に一世を風靡した ジョエル チューダーは今もなお健在で 神的な存在だけど ハワイアンもここ5年くらいで みんなシングルフィンとノーズライドに夢中です。
特に若い子達はもっと。 

とにかくみんな 一昔前のHAWAIIAN STYLEから遠ざかりつつあり 当て込みやカットバックなんかよりただただジっとノーズライドがしたくてしょうがない感じです。

サーフィンのレベルに関係なくボードは、もちろんシングルフィンでカラーはもちろんティントでかわいく&カッコよくみたいな現象がずっと続いています。

その為ハワイでは TINT職人が引っ張りだこと言うかもう全然手が足りてなくて 納品が遅れるばかり。
早くても3ヵ月 もしくは6か月くらい。
シェイパーとしては また最近ブランクスの在庫がなくてオーダーが入っても作れないというジレンマ+シェイプ終わった所で当分巻いてもらえない 悪循環の連続です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

話は、戻りますが 誰でもそのノーズライダーを欲しがってハング10を夢見るんだけど その手の達人が乗ってるのはとにかくボードのキャラが強い。でもそれを熟知してるし技量も高いし、波を見る目も兼ね備えているから 結果としてあんなノーズライドを 披露してくれる。

ノーズライドだけを考えれば ボードは重くデカく、ノーズロッカーは低く、エッジもないのが主流で そのツボに入る波も限られてくる。 そんなの 正直言ってサーフィンを難しくなるだけだと思うけど 達人たちはそれを楽しそうに乗るのが ニクイです。 

年々増えてるオーダーのパターンが シングルでノーズライダーなんだけど ”一体どんなタイプですか?”って聞くと ほとんど人が全く分かってない。 そんな人達にクセありありのボードを作るべきなのかと 自問自答が始まり ふさわしくなさそうな人達には 最終的にクリスタルモデルやネルソンモデルをベースにしてシングルフィンにするだけにしてました。

そんな中 ある日 春のウネリが頭半くらいでGENKIがコテコテのLOGに乗ったのですが やはりボトムターンも出来ないし、波のスピードに板がついて行かない事がはっきりしました。 結局その日は、板を変えてEPSのGENKIモデルでバッキバキな動きで楽しんだのですが 多少サイズがあっても風があっても乗れる シングルフィンが欲しいという結論に達しました。

それは、Genkiだけでなく みんなも欲しいだろうと思って 誰でも乗りやすいシングルフィンの研究を進めています。

パフォーマンスと聞くと なんか気張って動かさなきゃイケナイみたいだし、 LOGと言われたらそれはそれでもう LOGGER気取りに 妙にリラックスしたスタイルを醸し出さないと下手なのがバレちゃう? 

だから もっとカジュアルにロングを楽しんでもらいたいという一心で開発したのがこの CASUALLY (カジュアリー)気張らずに気ままに テールターンもノーズライドも絶対じゃなくて やりたい時にそれが出来るボードデザインなんです。 

どっち付かずなので キャラがはっきりしませんが それがある意味 この板のキャラなんです

クラスにいる 妙に活発なヤツとオタクな奴とどっちでもないヤツに分類されます。

EPSやパフォーマンス系にはないLOGっぽい滑走感を残しつつも、LOGでは難しかった機敏なコントロール性を兼ね備えるいいとこどりなデザインは、作り手の私のエゴでもあり、今どきのコンテストサーファーたちの要求を満たす道具でもあります。

ノーズから真ん中あたりまで極浅なコンケイプが入っていてそこからテールにかけては今までのMITSU DESIGNではないほどの強めのロールボトムの採用で 踏ん張らなくてもボードは簡単に曲がります。
コンセプトは、ノーズでは安定性をテールでは操縦性をMAXにしてあります。

CASUALLYで時に優雅に 時に激しく 波の上で2重人格なSURFERになってみませんか?

2021年8月より 緊急発売です。  HAHAHA


MAHALO

Posted at 17時23分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年09月12日(土)

ENGLISH SITE [Mitsu Design]

画像(305x420)・拡大画像(466x640)

Finally It's updated

PLEASE check my new web site.


 

Posted at 12時09分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年06月11日(木)

Omilu (Mid length) 6'6"-8'+ [Mitsu Design]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

実験段階から 更に手を加えて 先週から乗り始めた ミッドレングスのOMILU(オミル)写真は、6’6”ですが8’0”くらいまで拡大可能です。

先月新作発表した PAPIO(パピオ)は小型のシマアジだったけど それよりも一回り大きいサイズのシマアジでオミルと言う綺麗な青と黄色の魚から来ています。

自分の5’8”のPAPIOのツインフィンがあまりにも良かったのでこの感動を皆さんにと思ったのですが 5’8”は短過ぎる方達の為にそれを一気に拡大したのが OMILUの7FEET前後でミニロングよりももう一つ短いミッドレングスとです。

波も頭前後あったので ここ数日は、本命のTWINで乗り込んできました。 ハッキリしたのは やはり7’0”くらいのの長さからは 5’8”の速いリズムで波を切り裂く事は出来ませんでした。  イメージとしては長さと厚さでうねりから立って その後は58のツインの同様にバッキバキにスピードを出してターンを入れまくる。。。

でも実際は、 7’0”くらいだとパドル〜テイクオフ〜ボトムターン〜トップターンはすべてがスローモーションのようにゆーっくりなリズムでした。

その代わり 下のビデオを観ても分かるようにスピードは乗ってますので 必要以上に暴れないで 優雅にカッコよく乗るのが 基本です。

ミニボードに乗って忍者ムーブが出来る人なら 必要ないかもしれませんが そんな事は元々しない(もしくは出来ない)という人は このOMILUで方向性や推進力に任せてより長く、よりスピーディーなライディングを体感してもらいたいです。

フィンは、ツインが個人的にイチオシですが シングルも捨てがたく 2+1は、間違えないでしょう。
 

普段9’ロングの人は 8フィート前後で少しスリリングなサーフィンを そして普段ショートの人は いつもより6”〜12”くらい長くしてゆったりサーフィンを味わってもらいたいです。

コンディションや気分で フィンを変えて 1本で2本分は楽しめるFUNボード。 想定サイズも小波からオーバーヘットまで余裕の対応です。

長い分 パドルの位置も乗った後もステップインやステップバックの前後移動が必要になりますが その辺も波とボードの状況を常に把握するためのいい練習になりますので マスター出来ればレベルアップにつながるハズです。

ロングには無かったコントロール性 ショートには無かった推進性。 ロングでは甘えていたパドル、ショートでは進まなかったパドル。 などなどいつもの同じ波でもボードを変える事で今までとは違った角度で 波と戯れる事が出来るもんです。

自分のサーフィンがマンネリ化してたり、最近伸び悩んでいる人には きっと何か新しい発見があると思いますよ。

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)

SINGLE FINで乗るとこんなですが これがまた TWINとにはないおっとり感とグライド感が最高に楽しいです。 

画像(420x315)・拡大画像(640x480)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)

Posted at 04時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年06月01日(月)

Papio model [Mitsu Design]

画像(314x420)・拡大画像(479x640)

遂に新作の名前も決定したので 改めて発表します。

その名は、PAPIOパピオ。 シマアジ系の小ぶりな魚の名前でハワイでは、よく知られていますが とにかく動きが速くて 釣ると上下左右に暴れまくる 活きのいい魚。

このボードもPAPIOの如く 縦横無尽に動くのでちょうどいいかなと。

ボトム形状は あの不朽の名作 AKULEのロッカーを採用して 浅めのシングルコンケープから 長めのVEEボトムで 前足は加速後ろ足はコントロール重視。  

レールは純正のAKULEよりも 少し薄めでテーパー気味にして前足部分のレールが噛み付きやすいようにしてより敏感な反応を求めました。

そして最も大きなキャラは何と言っても レアなワイドラウンドピンテールでツインフィン。

ワイドにすることで後ろ足に体重を乗せられるし ラウンドなアウトラインなのでいつでもどこでも瞬時にレールを切り替えて 待つことのないラインが描ける。

TWINフィンだから引っかかる事は ほとんどなくスピードはターンをする度に加速して行くと言うのが 乗りながら分かって来ました。

(私は本さえ読まないし 天才でもないので 常に実験しながら 一つ一つの原理や法則を体感して学んでいくタイプですから 結果と理屈は後からついてきます。)

TWINフィンは、不安だと言う人も多いのですが、今どきのボードは本当に乗りやすくなってマス。 トライフィンにも出来るのですが それだったら ただのAKULEがラウンドピンになっただけなので 意味ないです。

ラウンドピンとツインを 是非体感して頂きたいです。

写真のボードは、5’9”−20.25””−2.6”(33.2L) 想定体重は60〜70KG



画像(370x420)・拡大画像(564x640)

これが PAPIO 形もに似てますよね?

👉YOUTUBEイイとこ撮りです。

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

フィンは、幅広のキールフィンではなく 高さのあるタイプで 縦の動きが◎

ヒザコシの小波での動き。 TWINだけどそう簡単にスッポ抜けないで グリップしてドライブします。

Posted at 05時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.