Mitsu Surfboard Design

2020年06月11日(木)

Omilu (Mid length) 6'6"-8'+ [Mitsu Design]

画像(420x420)

実験段階から 更に手を加えて 先週から乗り始めた ミッドレングスのOMILU(オミル)写真は、6’6”ですが8’0”くらいまで拡大可能です。

先月新作発表した PAPIO(パピオ)は小型のシマアジだったけど それよりも一回り大きいサイズのシマアジでオミルと言う綺麗な青と黄色の魚から来ています。

自分の5’8”のPAPIOのツインフィンがあまりにも良かったのでこの感動を皆さんにと思ったのですが 5’8”は短過ぎる方達の為にそれを一気に拡大したのが OMILUの7FEET前後でミニロングよりももう一つ短いミッドレングスとです。

波も頭前後あったので ここ数日は、本命のTWINで乗り込んできました。 ハッキリしたのは やはり7’0”くらいのの長さからは 5’8”の速いリズムで波を切り裂く事は出来ませんでした。  イメージとしては長さと厚さでうねりから立って その後は58のツインの同様にバッキバキにスピードを出してターンを入れまくる。。。

でも実際は、 7’0”くらいだとパドル〜テイクオフ〜ボトムターン〜トップターンはすべてがスローモーションのようにゆーっくりなリズムでした。

その代わり 下のビデオを観ても分かるようにスピードは乗ってますので 必要以上に暴れないで 優雅にカッコよく乗るのが 基本です。

ミニボードに乗って忍者ムーブが出来る人なら 必要ないかもしれませんが そんな事は元々しない(もしくは出来ない)という人は このOMILUで方向性や推進力に任せてより長く、よりスピーディーなライディングを体感してもらいたいです。

フィンは、ツインが個人的にイチオシですが シングルも捨てがたく 2+1は、間違えないでしょう。
 

普段9’ロングの人は 8フィート前後で少しスリリングなサーフィンを そして普段ショートの人は いつもより6”〜12”くらい長くしてゆったりサーフィンを味わってもらいたいです。

コンディションや気分で フィンを変えて 1本で2本分は楽しめるFUNボード。 想定サイズも小波からオーバーヘットまで余裕の対応です。

長い分 パドルの位置も乗った後もステップインやステップバックの前後移動が必要になりますが その辺も波とボードの状況を常に把握するためのいい練習になりますので マスター出来ればレベルアップにつながるハズです。

ロングには無かったコントロール性 ショートには無かった推進性。 ロングでは甘えていたパドル、ショートでは進まなかったパドル。 などなどいつもの同じ波でもボードを変える事で今までとは違った角度で 波と戯れる事が出来るもんです。

自分のサーフィンがマンネリ化してたり、最近伸び悩んでいる人には きっと何か新しい発見があると思いますよ。

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)

SINGLE FINで乗るとこんなですが これがまた TWINとにはないおっとり感とグライド感が最高に楽しいです。 

Posted at 04時45分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2020年06月01日(月)

Papio model [Mitsu Design]

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

遂に新作の名前も決定したので 改めて発表します。

その名は、PAPIOパピオ。 シマアジ系の小ぶりな魚の名前でハワイでは、よく知られていますが とにかく動きが速くて 釣ると上下左右に暴れまくる 活きのいい魚。

このボードもPAPIOの如く 縦横無尽に動くのでちょうどいいかなと。

ボトム形状は あの不朽の名作 AKULEのロッカーを採用して 浅めのシングルコンケープから 長めのVEEボトムで 前足は加速後ろ足はコントロール重視。  

レールは純正のAKULEよりも 少し薄めでテーパー気味にして前足部分のレールが噛み付きやすいようにしてより敏感な反応を求めました。

そして最も大きなキャラは何と言っても レアなワイドラウンドピンテールでツインフィン。

ワイドにすることで後ろ足に体重を乗せられるし ラウンドなアウトラインなのでいつでもどこでも瞬時にレールを切り替えて 待つことのないラインが描ける。

TWINフィンだから引っかかる事は ほとんどなくスピードはターンをする度に加速して行くと言うのが 乗りながら分かって来ました。

(私は本さえ読まないし 天才でもないので 常に実験しながら 一つ一つの原理や法則を体感して学んでいくタイプですから 結果と理屈は後からついてきます。)

TWINフィンは、不安だと言う人も多いのですが、今どきのボードは本当に乗りやすくなってマス。 トライフィンにも出来るのですが それだったら ただのAKULEがラウンドピンになっただけなので 意味ないです。

ラウンドピンとツインを 是非体感して頂きたいです。

写真のボードは、5’9”−20.25””−2.6”(33.2L) 想定体重は60〜70KG



画像(370x420)・拡大画像(564x640)

これが PAPIO 形もに似てますよね?

👉YOUTUBEイイとこ撮りです。

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

フィンは、幅広のキールフィンではなく 高さのあるタイプで 縦の動きが◎

ヒザコシの小波での動き。 TWINだけどそう簡単にスッポ抜けないで グリップしてドライブします。

Posted at 05時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2019年06月22日(土)

Mitsu Original Goods [Mitsu Design]

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

秋の新作発表です 笑)

ビーチ用のタオルでかなり薄手で吸水性には欠けますが 小さく畳めて砂が入りにくく乾燥性が高くので TRIPにも活躍します。

ハワイの赤土の上に自分の愛車と虹を入れてみましたが 実にテンションが上がる 1枚です。

ちなみに裏はまっ白で 体を拭くには裏の方が適した素材です。 送料込みで$45。  お問い合わせ(Contact) から 連絡下さい。

MAHALO

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

2019 SUMMER 今年のTEEシャツは この愛車が主役。
適当に手書きで書いてみたら 愛嬌があってカワイイ。

色んな人からのアイデアを混ぜ込みながら 車にボードを積んでみたり 大きさを変えたりして 完成したのがこんな感じですが どのシャツも形や色はお好みで1枚づつカスタムできるのが 特徴です。 

もちろん手間はかかりますが ストーリー性のある世界に一枚のサーフボード同様に世界で一枚のTEEを作りましょう!

その他 CAPやバックなどもあったりするので 興味のある方は お問い合わせメール下さい。

出来上がり次第日本の自宅まで 発送します。

MAHALO
MITSU

画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)

画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x315)・拡大画像(640x480)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)

超限定の オリジナルフィンは 年におよそ2〜3回の納期です。

柄だけでなく テンプレートは基本的にGENKIフィンで セミフレックス仕上げで EPSボードにはもちろん 脚力がない方でも柔らかい乗り心地が ウリとなっています。

柄や在庫状況については メールでお問い合わせ下さい。 

画像(314x420)・拡大画像(479x640)

スマホケース $25 

軽くて薄いですが サイドのグリップ感も程よく 使いやすさは抜群です。

IPHONEもSamsungもすべての機種別に 用意しております。

画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(315x420)・拡大画像(480x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)

遂に 水着も! それもリバーシブルで裏の色は お好きな色でカスタムメード。 お値段は 送料込みで7000円です。
サイズや詳細など お問い合わせからメールください。

画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(314x420)・拡大画像(479x640)

派手空きな人には こちらが おすすめ。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

気まぐれな商品ですが 常に限定のMITSU ORIGINAL GOODSも販売しています。

大量生産しないので 毎回デザインが 変わるのですが気になる商品あれば CONTACTから連絡下さい。

日本まで発送もしています。

TEEシャツは 現在の在庫はこの黒がメインです。
$25

画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)

FLEECE ($45)も秋から販売しましたが カラーも豊富で着心地もよく大好評です。

サイズやカラーもその都度カスタム出来ますので お問い合わせ下さい。

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

画像(420x420)・拡大画像(640x640)
画像(420x420)・拡大画像(640x640)

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

名前入り ハワイアンナンバープレート タオル

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

BEACH TOWEL

表はこの通り派手ですが 裏は真っ白です。 ビーチタオルなのでかなり薄い素材で砂が入りにくく乾きやすい反面 吸水性はあまり高くはありません。

かさばらないので 旅行などには 使えます。

Posted at 12時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

2019年03月01日(金)

2019年01月20日(日)

Genki PINK2 model for 2019 [Mitsu Design]

画像(268x420)・拡大画像(331x518)

先日 GENKIと話した結果 今年からの2019年モデルを PINK2 モデルと呼ぶことにしました。

と言うのも今でも存在する 2007年に作られたMAGICボードはPINKのエアーブラシだったのですが 小波用のパフォーマンスノーズライダーで GENKIが17歳の時からJPSAで優勝やパーフェクト10を出すなどの忘れられない歴史があります。 それ以来この小波用PINKモデルの進化バージョンがなかったので この機会に PINK2と命名したいと思います。 

さて この2019年モデルは一体どんなボード?

基本的には 小波用として GENKIモデルを原型にしながらも全体のロッカーを抑えてアウトラインもふっくらと丸く広くしてありますが 何と言っても ミドルからテールに向けてのレールボリュームと浮力が大幅にUPしてます。

想定しているのは 小波で最初からスピードも出しにくく 波が柔らか過ぎて レールに体重を乗せ過ぎると そのまま沈んで引っ掛かってしまい失速につながるような波です。


踏ん張れば止まってしまうし ジッとしていても走らない そんな時この レールのボリュームが活躍してくれます。
体重を乗せてもそれに負けない反発が生まれてその後加速につながりますから 結局最後まで波をメイクできる訳です。

ちなみにGENKIはEPS仕様に乗っていますが 私はあえてポリ素材で気持ち重めにしたのを乗っています。(ピンクのボード) ここ数年ロングをやる時はシングルフィンのLOGにどっぷりハマっていたのですが たまにEPSに乗っても面白い。
どうにかして その真ん中的なロングが欲しかったんです。

ポリの自然な重さでグライドと安定感を出して ノーズライドでユルーく加速しながらも いきなりラウンドハウスカットバックを掛けたい願望を満たしてくれそうです。

その他、コンテストに出ている方にも ありがちな小波での大会で活躍することは 間違えないので 絶対にお勧めします。

ただこのボードはパワーのない波ではいつも以上に走ってくれるものの レールの形状で波が切り立った時でもシャープにレールが噛みつく感が弱く 純正のGENKIモデルより緩慢な動きになるのは確かです。

PS オーダーは、通常よりも1/16~1/8"くらい薄くして ボード全体の浮力を調節しています。

素材や厚さなどの質問あればとにかく お問い合わせ下さい。


ちなみに 2018年までの純正GENKI MODELは一つの完成形としていつでもオーダー可能です。 あのLONGとは思えない機敏な動きは 一度経験してしまうと忘れられない軽快な乗り心地です。 

MAHALO 

2100年の 古いビデオですが これがPINKモデル 小波パフォーマンスノーズライダーです。

GENKI MODEL 2014 TEST RIDING in Hi 12/02/2013

Posted at 15時56分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.