Mitsu Surfboard Design

2022年05月19日(木)

Contest surfing [Blog]

画像(420x236)・拡大画像(640x360)

遂にコロナ騒動もフェイドしつつある中 連日 SURF CONTESTが世界中で開催されていて 朝から晩まで LIVEを観てしまうのは 私だけでしょうか? 

仕事が 自由業と言う事もあり基本的に時間拘束がない事もあって ついつい 見入ってしまいます。

数日前の WSLはSNAPPER ROCKでもチャレンジャーシリーズが終わったばかりですが 今度は、WLTロングボードが久しぶりに開催されて 同時にさっき終わったばかりの JPSAのロングボード第2戦もあったりして その流れと結果がやっぱり気になってしまうもんです。

でもSURF CONTESTは観れば観るほど なんか疑問が絶えないと言うか スッキリしない。 昨年は史上初のオリンピックSURFINGも無事に終わったけど 本当にあれでよかったのだろうか?

限られた時間に 数人の選手が海に入って 全く人間の力ではどうにもならない波に順番に乗って それを4〜5人のジャッジが採点して勝敗を決める。 定められた採点基準はあるものの 2つと同じ波はないので ライディングを数字にして 選手に順位を付けて結果が出るんだけど 本当にコレでチャンピオンを決めていいものなのかな?

球技の様に 明らかに点数が出たり、走ってその速さを数字化して勝敗を決めるなら 一目瞭然だけど サーフィンってそうは行かない。
道もない波の上に 思い付くままに波を切り裂いて行くのがサーフィンの醍醐味だけど コンテストにおいては その時の流行りの動きでジャッジ達を満足させる事が 最優先な訳です。

特にロングは、もうノーズライド合戦で どうやってマニューバーを構成して自分らしさを魅せるかなんてどうでもよくて とにかくつま先がノーズに着く時間が長ければ勝てるってどういう事?

ショートも エアーの一発技で 10PTとか出たりして勝利してるけど あれはもう ただただ身体能力が高くて飛んで着地してるだけで サーフィンとは思えない。 スケボーやった方がいいですよ。


とまぁ〜 自問自答してみると 結局私が言いたいのは 要するに MITSU BOARDライダーか 日本人もしくは自分のお目当てサーファーが 勝ってくれないとつまらないだけみたいです。  

更に自己分析すると サーフィンと言う一つのジャンルですが 自分の波乗り観と各連盟によるコンテストサーフィンのギャップを認めないといけないようです。

誰かがセットした ビジネス絡みのコンテストが嫌ならコンテストを観なければいいだけの話なんですが 自分好みのカッコイイサーファーもいるので やっぱり観たい。  でも彼らが途中で負けてしまうと ガッカリでもう優勝なんて誰でもいい気持ちになってしまいます。

個人的な感情を込めずにもっと冷めた目でみて 一時的な単なるゲームだと 割り切ればいいのでしょうが そうも行かない 昭和な私です。

その昔は 世界的な有名なサーファーのドキュメンタリービデオみたいなのが 存在して何年も掛けて作られた大作があったような気がします。 それをまるで洗脳されたいかのように VHSで何度も何度も観てその姿に憧れたもんです。

当時は、乗ってるボードもみんな全然違うし、乗り方も全然違う。 コンテストでもジャッジ基準はあってないような? 

年取るとつい言ってしまう ”昔は良かった〜”的な話で
取り留めなくてすみません 今日はこの辺で〜。

ALOOHA




Posted at 18時44分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=3062

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.