Mitsu Surfboard Design

2021年12月13日(月)

Hawaiian surf [Blog]

12月4日 Makahaにて 久しぶりのコンテストが開催されました。 全く情報がないまま いきなり当日知らされた ネルソンでしたが Makahaのレジェンドで開催者のMel Pu'uからの招待することにだったので 急いでタウンから駆けつけて出場しました。

若手は、少ないものの RussKやBONGAなど豪華メンバーが揃たようです。 波の方は、6−8’+でお化けセット10FEET うねりの方向も合ってないストーミーコンディション。  Makaha特有のBACK WASHはもちろんですが 肩がないままデカくて面はカチカチで 見た目以上のパワーで一度スープを食らったら吹っ飛ばされます。

そんな中 ネルソンは スイッチが入ったのかFINALでは、クローズと知りながらも特大セットをギリギリのラインでメイクして 見事優勝しましたので お知らせします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回の大会は 選手達も運営側も私と同じくらいの世代で 薄れつつあるHAWAIIAN STYLEについて 同じ熱い想いがあると思うんです。 

何が何でも シングルフィンでNOSE RIDEがLONGの教科書になってしまった今 若者もその路線を追いかけてます。
2+1で激しい当て込みで締めくくる シグネチャームーブのラウンドハウスカットバックなんか 興味もないのかやろうともしない。 

流行りとは言え 一応ネルソンにも今まで それ系のシングルフィンを作って来たけど どうしても夢中にならない彼を見てきました。 出来ない訳じゃないけど彼に取ってははつまらないみたいです。

好き嫌いもありますが やらないと出来ないのは違いますよね。 

なぜ 2+1? なぜカットバック?なのかは 今回のような大会の荒波を乗るために必要だからです。
ノーズライドは、ポーズを見せびらかすためじゃなくて いかに有効に波のパワーを利用してその波を最後まで乗り切るためのテクニックの一つでしかない。

ロングは優雅に乗るのがカッコイイっていうのは分かるけど 波にもよるから 出来る時に出来る事をやってもらいたいです。

押し寄せた波を無駄にしない。 パワーを最大に感じながらそれをスピードに変えていくのが 醍醐味だと思います。

Let's KEEP HAWAIIAN STYLE alive!

 






Posted at 07時56分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=3041

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.