Mitsu Surfboard Design

2021年11月20日(土)

Casually その後 [Blog]

画像(236x420)・拡大画像(360x640)

一昨日は JPSAの最終戦が終わりました。

2011年は、引退直前のGENKIが念願のグランドチャンプになってからもう10年経つけど、 その後ゆっくりながら当て込み命のハワイアンスタイルの勢いはなくなりつつあり クラッシックなシングルフィンとノーズライドが現在は完全復活な状態です。

いままで 2+1の軽量ボードばかり乗っていたライダーもそれを作っていた私も いきなりCA系のLOGGERになりきる事はできず混沌とした時が流れて行きました。

そんな状況の中、流行りに惑わされず 板の性能をもう一度シンプルに考えて 乗りやすいシングルフィンになったのが CASUALLYなんです。

去った夏の後半に商品化して それからお客さんに自信をもってお勧めして 最近続々と完成して日本でもハワイでも乗り始めた人達から その感想が毎日のように届いてきます。

先ずみんなが言うのは、とにかくテイクオフが早い!

そしてそこから 余裕が生まれスピードも止まらないままデッカイシングルフィンなのに動いていてしまう。

究極のノーズライダーではないのですが しっかりしたセクションがあれば ノーズライドはバッチリ決まる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
下の写真は 大会の直前に届いたCASUALLYでそれを実感した 上木達也PROです。

慎重な性格の彼は、大会会場に3本の板を持って行ったようですが まだ慣れてもいないNEW ボードで出場して Casually のポテンシャルを引き出してくれました。

結果としては、13位止まりでしたが それ以上の手応えがあったようです。 私も彼を長年観ていますが 明らかに以前と違うSTYLEとSPEEDを感じました。

もちろんボードだけでなく 彼のレベルUPがあってからこそですが いいタイミングでこのボードと巡り合い お互いこれからがまた 楽しみです。

ライダーの喜びは シェイパーとして最大の喜びです。 


画像(420x274)・拡大画像(640x418)

インチキなノーズライドは させてくれないCasually モデルですが 早いテイクオフから 正しい位置にボードをセットできればこの通りリラックスしたノーズライド。

画像(420x303)・拡大画像(640x463)

ハワイ生まれなので ロッカーは ノーズのテールもしっかりついていいるので これだけホレたセクションでも NO PROBLEM 刺さるどころか波と一体化して加速します。

画像(420x281)・拡大画像(626x420)

テールには エッジもあるので 急なボトムターンからクイックな当て込みも◎

これもとにかく 最後までスピードがあるからこそ出来てしまうんです。

Posted at 16時57分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=3037

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.