Mitsu Surfboard Design

2021年01月26日(火)

Youtuber って。 [Blog]

今では 毎日のように耳にする YOUTUBERだけど実は つい数年前まで その意味がよく分かっていなかった私です。

自分は、もう2007から 覚えたてのPCとデジカメでYOUTUBEをUPしていたから その時点で YOUTUBERなのかと思い込んでいたらそうじゃない事を知りました。

スポンサーとなる会社の動画にハサミ入れてそれをテレビ場組で言う所の宣伝として使って その分お金が入って収入を得る訳ですよね?

私の場合は、ただ単に見せたいものを一方的にUPしているだけでもちろん宣伝活動は無しなので 収入はゼロ。
要するに ただのストーリー保存版?みたいな感じ。

そして より多くの人に観てもらうための要因は、ネタとなる内容はもちろんだけど カッコカワイイ人達だったり 語りが面白おかしくてついつい観たくなってしまうようなものですね。

自分もやってみようかなと思ったけど 流石にカメラに向かって話し続ける勇気はありませんでした。 クソ真面目にボードの事を語るのは出来ると思うけど 面白おかしく身振り手振演じてその後編集もしてと言う活動を継続的にやる訳ですから それなりの才能と情熱がないと出来ませんね。


今の世の中には 数えきれないほどの YOUTUBERがいるけど それの何万倍もの人たちが WATCHERで観るのが専門の人達がいるから その需要がある。 寝転がって指を1本使うだけで無限に出てくる 有名なYOUTUBER達の動画に釘付け。 気が付けば 何時間も受け身となって 画像が頭に刷り込まれていくんだろうけど 本当にあの宣伝で 営業に結びつくのかね〜?   でも 確立だからやっぱり効果あるんだろうな〜。

私の本職は、サーフボードのシェイプ。 オーダーを取って出来上がるまで 2〜3ヵ月掛かるし 在庫なんか常にないので 100%カスタムが基本。 だから いままで 自ら有料の宣伝は したことが一度もない。 

どこかで誰かが 毎日大量に作ってるなら 宣伝して沢山売る事が出来るけど そうは行かない。

これが 自分が選んだ道 自分の器ですから 納得いくように気持ちよく仕事するのが 最優先。

私の仕事だけでなく、数をこなせない手作業のお仕事をしている方 例えばお医者さん、ヘアーデザイナー、大工さん、料理人、メカニックなどなどの職人さん達は みんな忙しくても その内容を薄める事は出来ないものです。

人生いろいろ お仕事もいろいろ ですが自分が求めているモノに最後は 辿り着く。 そしてそれが 社会的に需要と供給があるならば 長く継続するはずだろう。。。

ALOOHA



 
  

Posted at 15時36分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2989

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.