Mitsu Surfboard Design

2021年01月14日(木)

限られた時間 [Blog]

画像(420x265)・拡大画像(640x404)

数日前に 父が亡くなってから 沢山の仲間達からメッセージが送られてきました。 

日本から父の他界の知らせを受けて どうしていいのか分からない動揺していた自分がいたけど 隠す事じゃないから まぁいいかなと深くは考えず SNSで直ぐにupしてしまったのですが 皆さんからの反応が想像を超えるほどある事にビックリしました。

これからまもなく経験する両親との死別についてとか、同世代で同じような状況の人達や、すでに 体験した人生の先輩たちからの生の声が直接届いて 語り合ったり 心温かい一言が頂けた事にに感謝しています。

後付けな話になりますが 実は父が死ぬ前夜に私はいつも以上に泥酔してしまい 帰宅後は玄関の前で倒れたり その後もつんのめって背中や首を痛めてこの3日痛い思いをしました。

その明け方にはに酔いが急に醒めて 布団の中で父を思い涙がボロボロ出て来たんです。 

出かける前に電話したけど繋がらなくて 遂にその時かなって思いました。

前回ブログで父との写真を撮った時も これが最後の瞬間になるんだなってその時 察してました。 この写真でブログを書く日がやがて訪れるんだろうなって思ってました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とまぁ ここ数日の自分の気持ち整理してみたいと思って 今日は 自問自答しながら 今ブログupしています。

サーフボードもそうだけど モヤモヤとしたネタを一度全部ポケットから机の上に出して 並べ替えてみるとパズルのように一つの完成した絵について語れるもんです。
(でも パズルは大嫌いですけどね)

でやっぱり思ったのが ”人間は 生きて事が当たり前じゃなくて 死ぬことの方が当たり前” なんだと つくづく思った。

私達は、何事も始まる時は、果てしなく期待するけど 終わる時は目を背けたいもんですよね?

生まれたからには 死がもれなく付いてくる。
赤ん坊が生まれて 悲しくて泣く人はいないだろうけど 人が死んだらみんな泣く。 でも死なない人なんか誰もいないんだったら 悲しむ事じゃない行事なんだよね。

1000人、1万にに1人だけ死ぬ運命だったらもう涙が止まらないけど そうじゃないよね。 みんな順番。 って言うかどんなに若くたって 突然死の可能性だっていつもある。

生まれて来たことも奇跡、生きているのも奇跡、出会う事も奇跡 でも死ぬことは絶対な訳で 時間の問題。

皮肉だけど 明けない夜はないと言うなら 暮れない昼もない。  出会いあって 別れあり。 ラーメンもお酒も 食べるからには 無くなるんだよ。 (笑

別れが辛いから 最初から何も要らないとなれば もう生まれて来た意味さえもなくなってくる。

例えばロウソクに灯された火は、 灯された瞬間からいつか消える事が決まっている。 ゆっくり最後までキレイに燃え尽きる時もあれば 突然の風でまだ燃えるロウは あるのに消えてしまう時もある。  でも どっちにしても永遠は不可能。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先週教会に行ったら 牧師さんがこう言ってた。

”目に見える物は、なくなるが 目に見えないものは、永遠にある。”

生身の体や炎は、目で見て分かるけど それはいつか無くなってしまう。 でも私達が 目を閉じても頭の中で鮮明に蘇ってくる画像は、スマホのメモリーを気にしなくたっていつだって存在している。 だから無くなってないんだよ。 誰とも共有出来ないフォルダーだけど確かに心の中で生きているんだと思う。

瞑想?妄想?な世界かもしれないけど 目を閉じても何かが見えるなら それは誰にも触れないし 失う事もない自分だけの宝箱なのかもしれない。 

生きている間は その宝箱を好きな物でいっぱいにすることが許されていると思ったら もう毎日楽しくて仕方ないよね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

そんな感じで 今日の自問自答終わります。 なんとなくまとまったんじゃない?  ホロ酔いでセーフ?

あ〜もう腰がイテ〜。。。 寝ま~す。

aloooha 

Posted at 18時46分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2985

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.