Mitsu Surfboard Design

2020年08月23日(日)

Back to Hawaii [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

8月20日 52歳の誕生日になりますが 無事にハワイに戻りました。

梅雨明けと同時に 2週間ちょっとの真夏の日本は 毎日40度近い猛暑でした。 

一日およそ20時間くらいは エアコンと扇風機の部屋に閉じこもりっぱなしだけど 1歩外に出るともう サウナ状態で この温度差がきつかったです。

とは言え 思ったよりも全然元気だった両親と再会して毎日なんとなく同じ部屋で同じ時間を過ごせた事は ある意味最高の贅沢で大切な時間だったのかもしれません。

朝から晩までどうでもいいようなテレビ番組を観て 我慢できずに地元の友達やお客さんと 駅前で軽く飲んだりも多少しましたけど とにかく最小限の外出を守ったつもりです。

我に帰れば 私も今では 父と言う立場ですけど 今となってはもう子供達とゆっくり話す事はほとんどないものです。

(語りすぎれば ウザイ親父になりますから 思春期の子供達は愛をもって見守るだけ? が無難と言えば無難ですよね?)

コロナ騒動までは お金、時間、仕事や学校に追われて死ぬまでそのカレントから抜け出す事は出来ない宿命だけど 今年はちょっと違う。 学校も仕事もない人いっぱいで 時間はたっぷり。 お金はもう どんなに足掻いてもないものはない。 (ある人はあるみたいだけどさ)


もう3月からずっと世界が止まってる。 2ヵ月もすれば笑い話かと思ってたけど 未だに終わりが見えない。

ちなみに 帰りの飛行機も ほぼ満席でしたけど 乗る前も降りたも なんの検査もしませんでしたよ。 

自分のGREEN CARDの更新が間に合わなかったので 機械での自動入国審査が出来ず 直接面接したのですが10年くらい前の飲酒運転歴を理由に 別室で1時間以上も隔離されましたけど そんな事よりコロナの検査とかすれば?って言いたくなりましたよ。

現在は 自宅での自己隔離を2週間強いられて仕事にも海にも行けない私です。 

無色無臭のウィルスによって世界全人類が 身動きとれないこの世の中は 今後一体なん何だろうか?

人と人が触れあってはいけないこの時代とは 一体なん何だ? 

空港の検査官のように 意味のない決まり事だけを守るロボットになるしかないのか? 

世界中がみんなリモートで繋がれば それでいいのか? 

血も涙もぬくもりもないから 面倒臭くないだろうけど 私には無理です。 ロボットになるのは 御免です。

ぶっちゃけ 父も母も私も 遅かれ早かれ その時が来れば死ぬわけだけど 出逢えた事に感謝するよ。

頑固な父、休む事を知らない母 両方受け継いだ私ですが 生んでくれてありがとう。

今年も会えて 良かったよ。

HAPPY BIRTHDAY TO ME

ALOOOHA

 

 

Posted at 18時39分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2949

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.