Mitsu Surfboard Design

2019年09月05日(木)

造船業 [Blog]

画像(187x420)・拡大画像(286x640)

このボードは11’3”(3.4M)という長さで EPS素材で7.5オンスを3枚づつ両面から巻いてあって ホットコートも3回分両面に塗っています。 

ハワイのライフガードさん達がレスキューボードなんだけど
本来は 11’3’じゃなくて 12’(3.6メートルくらい)だったんですが 相当前から 12’の長さでポリの素材で厚さ5”+のブランクは 世界中で誰も作っていないようで EPS素材になり 長さについては 私の使っているシェイピングマシーンでは11’3”以上はカット出来ないと言う現状です。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

厚さは、4.5”しかないのですがライフガード用のブランクスが何年も材料屋に眠っているので それを最大限の長さと幅と厚さでボードを 作ってみてくれと言う依頼がハワイ州の方からあって 昨日と一昨日チャレンジしてみました。

写真のように全て状況に応じた手作業が要求されて SHAPERとして当たり前の基本技術と知識と体力も必要です。

はっきり言って今どき 誰もこんな事やりたがらないけど 私には とても魅力を感じるミッションです。 

雨の日のサッカー部から始まり、ぐしゃぐしゃの海での波乗りみたいに ”これは無理でしょー!”って周りの人が言うと 逆にスイッチが入って 本当に無理かどうかやってみたくなる自分がいます。

もちろんこれまでに その乗りで初めてたくさんの失敗談もありますが どうにもならない壁にぶち当たって砕けるだけでも なんか気持ちよくて やれるところまではやってみた。 という 自己満にも浸れるし 次回の為のデータにもなるので 失うものは何もないと言う コンセプト。

成功しちゃったらもう その感動は一塩の喜びにもなるしね。

画像(191x420)

この写真は、もう17,8年前のですけど ぶっつけ本番で1.5日くらいとりつかれたようにして仕上げた12’6”
だったかな?

チャイナウエムラさんと言う レジェンドの方から青二才だった私に声が掛かり お前やってみろ! と言われて 本当に嬉しかったです。

テンプレートもデータもないけど自分のありったけの知識とと勘とひらめきを信じて やるっきゃない。

その前に必要なのは 健康な体はもちろん 精神状態も大切です。 波乗りと同じで 必要以上に ビビッてはいけないし、高ぶってもいけない。 邪心をなくして 冷静にかつ大胆にが基本ですが それがまた 何年たっても難しい所。

考えれば考えるほど ダメな時もあります。 数字が全てと言う人もいますが 私の場合は 数字とお金は後から付いてくるタイプなのかもしれません。

とにかくこんなに楽しい仕事でお金をもらえるのは 幸せです。 みんなが喜ぶために 今日も造船業行ってきます。

平和な世の中に感謝。 アーメン 


MAHALO  

Posted at 16時34分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2837

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.