Mitsu Surfboard Design

2019年02月23日(土)

サーフボードマニア向けのややこしお話 Rocker編 [Blog]

画像(420x271)・拡大画像(640x414)

おっとっと。 気が付いたら 金曜日になってました。

ハワイは今週から 急に天気が良くなってきて毎日穏やか 春の訪れなんでしょうか?

言い訳にはなりませんが ついつい夜ビールが進んでしまって ブログにまた 穴が開いてしまいましたね。

でも連日朝起きてから 夜シャワーとビールを浴びるまでは頭の中は サーフボードでいっぱいです。

そんな訳で今日は この前の続きで ロッカーについて語ってみます。


一般によく聞く話で サーフボードで最も大切なのは ロッカーだと言われていますが これが本当に複雑なんです。

ボトムロッカーとはそのボードの接水面のカーブ(反り)ですがそれに沿ってノーズから入って来た水流をテールまで流すのですが 大きく分けると2つのカーブが存在します。


通常はボードの真ん中ストリンガーの上を走るカーブを計って数字を出してそれをつなげていく訳ですが この他に ボードのアウトラインに沿ったカーブが存在して ボードを傾けた瞬間からそのカーブが接水点になってきます。

もし仮にボードが完全なるflatボトムだったらストリンガーとレールラインのロッカーは全く同じになりますが コンケイプやVEEボトムが入った瞬間から 違ったカーブになります。

通常コンケイプのボードはストリンガーラインが彫り込んである訳ですからストレートになってきます なのでこのボードあんまりロッカーないね? と思いきや レールだけのラインを見ると きつめのカーブがあるものです。

直線的に水流を整えて抵抗を抑えて最大限に加速させて そのスピ―ドが出たら ボードを傾けてターンした時にレールのカーブに沿ってボードをが弧を描き始める。

コンケイプを活かすのは ボードを垂直に押さえつける気持ちでこまめに踏み込んでいくと空気と水流の反発から 更なる加速が生まれて来るので 比較的短くて軽いボードの方が理にかなっているでしょう。


VEEボトムは その逆でストリンガーの方がレールよりも高い位置にあります。 その為ノーズから入って来た水流は常に左右に分けられてしまうので スピードも付けにくくて遅く感じるかもしれません。 

”じゃ〜なんでVEEにするの?” 

それはコントロール性があるからです。 自分でスピードつけて行くと言うよりも コントロールしながら波からパワーをもらう感じです。 その為 分厚いレトロ気味なデザインや長めのファンボードやロングボードで その体積から生まれる推進力とスピードを維持しながら 左右に傾けてコントロールしながら波と一緒に走って行きます。


また シングルからVEEなどコンケープを前足の下に入れてスピードと安定を出して テールではVEEでコントロールと言う組合せもあり 私のAKULEやFISHはこのタイプです。

今ではあまりないですけど 完全なるFLATボトムと言うのも存在していて コントロール性とスピードのコラボレーションになりますけど シンプルなゆえに一番難易度の高いシェープかもしれません。

コンケイプもVEEも強くすればするほど特性が出る反面 副作用も拡大されます。 

サーフボードは いつも反比例な関係で 軽くて強いとか 速くて動く、 パドルが楽だけど 乗ると沈めやすいなどなど 全てにおいてバランスが問われて その乗り手の求めているものと 自然の法則とのやり取りが 終わりのない世界かもしれません。

こんなところで ロッカーの話は とりあえず終わけりますけどね〜。

MAHALO 

Posted at 04時31分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2764

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.