Mitsu Surfboard Design

2018年10月15日(月)

どうなるの? [Blog]

画像(420x236)・拡大画像(640x360)

只今 日曜日の夜11時半。
また 明日から月曜日が慌しく始まる。

週末はSHAPEはしてないけど 実は平日よりもっと忙しい私。

今日も子供のイベントの送り迎えで行ったり来たりの中 ボードの配達や営業で 波は良くても波乗り時間なし。

昨日は土曜日で 娘が通う週末の日本語学校で朝からボランティア活動が終わってそのまま 通っている教会に足を運んだりして 毎日たくさんの人達と色んな会話をするんだけど 最近最も多いのが 同世代達の親の介護問題がなんと言っても NO1.

親に対して ”問題”なんて言ったらいけないのかもしれないけど やっぱり大変な問題が山積みのようです。

やっと子育てが落ち着いて 自分の為に何かとか思うのもつかの間 生きている限り知らないとは言えない自分の両親の今後について誰がどうするの?

気力、体力、時間もお金も果てしなくかかる この現実問題。 いつまでも そ〜っとでいいから 生きていてくれればいいんだけど 80を超えて90にも近づいても来れば 生身の人間ですから 限界はありますよね〜。

どんなに考えてもすぐにどうにもならないのがまた 大変。
幸い 私の親は今の所何とか健在ですが 数えきれないほどの知り合いが この介護事情に今日も悩まされて 何と言っていいのか困るばかりです。



もう一つは 子供の将来の話です。 同世代の親達の間で止めどもなく 意見交換の場に出くわします。

高校を卒業したら どうするの? 学校からも親からも子供たちはその答えを迫られています。 私が思うに10代の子供ですから 生まれてからこれまでに特に大きな決断もなく 親に言われるがままにご飯を食べて学校行って寝ての繰り返しだったハズ?

親としては 先ずは大学の為にもらえそうな奨学金制度を調べて そこに子供を仕向けたりするのはもちろんだけど サッカーや野球のPRO はたまた芸能人になりたいなん言われるよりも エンジニアとか会計士とか公務員的な現実性と安定を考えるのが常で ここからして考えが一致しないもんですよね。

それでも子供が これをやりたい!と言い出したら どうにかしてその方向に歩かせるのが 親心。

なんだけど やっぱりそこで必要なのがまた お金だ。

親になった自分としては 寝ないで働いたってないものはないよ。 子供達だって 口に出して無責任に言えばいいってもんじゃない。 
厳しいようだけど 私は子供たちはいち早くこの世界での自分の立ち位置というか存在、可能性を冷静に感じてもらいたい。 生まれつきの王子様なんて 全員はなれないから早くから挫折感を体験して 下克上狙いで 強く生きてもらいたいといつも思ってます。

泣いても笑っても 人間生まれた時から自らの人生ゲームのルーレットは回っているようです。 明日は我が身か? 他人の運命は 見守る事だけです。

ALOOHA
 

Posted at 18時19分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2722

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.