Mitsu Surfboard Design

2018年09月19日(水)

なぜ? [Blog]

また 間が空いてしまいましたが 気を取り戻して BLOG−UPします。

”継続は力なり” 若い頃聞いたときは 魅力のない言葉でしたが 歳を取るとこの言葉の意味が やっと分かってきたような気がする今日この頃です。


ハリケーンがかすめてオアフ島を去った同時に 私の通う教会では 大聖会と呼ばれる 年間最大の行事が 9/13〜16の合計4日間で行われました。

一言で言ってしまえば ただの宗教かもしれませんが 私はこの教会があったからこそ 今ここにいれると 120%声を大にして言えます。

想えば25年前 この写真に写っている 元?BIG WAVERの青木氏にこの教会に導かれて あれよあれよと時が過ぎ去り あっという間の浦島太郎?

当時から この小さな教会では私達が若手として 陰で活躍していたのですが 25年経った今でも その下の世代が揃わなくてまだまだ 下っ端な存在です。

長老たちばかりで 最近遂にスマホを手にしたものの 使い方が分かないままでメールをみるのがやっと?かもしれませんが なんで?なんて決して口にしてはイケマセン。(笑


少ないメンバー達が 毎週集まって 数カ月かけて この伝統的な行事の準備をします。 一度始まったら 仕事も4日間休んで出来る限りの 自分を奉仕します。
ぶっつけ本番なので 沢山の問題に直面します。
当たり前ですが お金は一切もらえません。

なぜ? 自分は25年間もこんな事してるの? 1分でも自分の為に働けば お金になるのに。

4日間も朝から晩までボランティア活動? この教会内では 常にメンバーの間の上下関係はなく 献金はもちろん役割なども 全て自らがそう感じた時にそうすればいいとされています。

見ていてじれったい時もありますが 人為的な行為によって人間が人間をコントロールするのではなく 神の声に自ら従うまで 誰も何も言わない 究極なスタイルを感じます。

ステンドグラスもマリア様もないけど 偶像崇拝ではなく目に見えないものを感じようとするところから 本来の信仰が生まれると信じています。

無宗教の家庭で育った私ですが やはり全知全能の神を知りたいという欲望があったのかどうか定かではありませんが この世のどうにもならない事を虚しく考え続けるよりも よっぽど私には 望みの光を届けてくれるので 辛い時でも前向きに生きて行けます。

誰もが求める地位や名誉にお金と無縁な自分でも 教会にいるとなぜか 満たされた気持ちになるのは この25年で確信しています。


そして 陸での教会ライフを考えていたら ふと海での波乗りライフについても考えてみたくなった。

なぜ 自分はこんなに サーフィン? なんだろうって。 
それは きっと海に入った瞬間から この世の中の方程式が通用しないから それが心地良いんだろう。

どこの社長で 誰を知ってて なんの車乗って ドンだけ高いボード持ってて 何歳でなんか 海は知ったこっちゃない。 みんな平等で 海に怒られる時は怒られるし 褒められるとき褒められる。

だからきっと 教会と波乗りはやめられない。 この大変な世において 唯一 エスケープ出来る空間だから。  

MAHALO  

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

Posted at 17時53分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2716

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.