Mitsu Surfboard Design

2018年05月30日(水)

Money talk [Blog]

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

今日は 久しぶりだけど私の嫌いなお金の話をちょっと。

と言うのも 現在ハワイと日本でのお金のギャップが激しすぎると思うんです。

私が日本にいた90年代前半はバブルがはじける前だったと思うけど 物価は本当に高かった。 それでも高いものが人気だったし みんな買ってた。

その頃ハワイは まだ素朴でシンプルな時代だったのに今ではそれが 逆?に思える。

日本では安かろう悪かろうの競争でハワイでは高かろう良かろうのセレブ自慢競争?かと思うほど もう安いものなんてハワイにはない。

自分に関する話だと 現に昨年だけで3回ほどサーフボードの材料が値上げされて それを仕入れて加工する人も その都度便乗値上げされました。

そんな中 常連さんの多い私としてはその都度 値上げするのはカッコ悪いとしているので忍をきめていましたが それでは物価と裏腹に収入が減るばかり。

で、今ではしぶしぶ 材料代だけはそのまま加算していますが 自分の給料は上げてません。

多くの人達が 自分の仕事を少なくして 単価を高く設定して収入を増やすようにしてるみたいだけど そんな人達の売ってるモノの価値や質はその値段にに伴ってない。 むしろ悪くなってるような気さえします。 (宣伝は上手いけど)


”あなたも 便乗してもっと値上げした方がいいよ”といろんな人に言われるけど たとえ収入が同じでも 沢山の仕事がしたい自分がいます。 ボードを作ってる時が一番楽しい時間だからね。 もちろんモノを売ってお金をもらう事も生きて行くために必要だけど お金をためて自分の為に素晴らしい家や車を買うのが 目的ではない事が はっきり分かってきました。

どんな人間も そしてサーフボードも それぞれだからこれが正しいって答えは 無いけど 少なくとも己をよく知って人生を全うしたいもんです。   

高いモノは それだけ本当にいいものなのか? お金を持っている人はそれだけ優れた人なのか? 情報過多な時代だけど 本当の価値を見つけるのは 自己責任だと思ってます。

過大な宣伝広告によるブランドイメージ販売や 最初から贅沢な素材を買って並べただけの料理は いつだって 見た目に魅力的だけど 内容が伴ってない事がよくあるもんです。 最後までそれに気がつかないなら幸せ者ですが 私は違いの分かる人間になりたいな。

aloha

Posted at 17時27分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2684

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.