Mitsu Surfboard Design

2018年04月28日(土)

8’0”-8’6” [Shaping Lab]

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

今始まった事では ありませんがここ最近 一般にMINIロングと言われる 8’〜8’6”のオーダーが目立ちます。

ロングボード=9’以上と言うのがルールとなっていますが、体格や今までのボード履歴によって自分の好みの長さでカスタムするは 大きなアドバンテージです。

小柄な人にとって9’の板は本当に長いもので 体重移動の為に 4〜5ステップで歩く事を強いられて 早い波では至難の業。

ショートをずっとやって来たけど 小波でも楽にテイクオフして波を楽しみたいベテラン勢も いきなり9’に乗ると戸惑ってしまい かえって難しい乗り物になってしまいます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先ずは今日完成した この派手な板は 身長が150cmもないくらいの小柄な女性で ずっとポリ素材の重いボードに乗ってきましたが この度超軽量の エポキシに挑戦。

いつも乗ってるモデルをそのままEPSで80−22−2.63。

多少の慣れは必要だと思うけど 軽いボードは 自分でコントロールしていく楽しみが倍増 その反面 板は勝手に滑って行かないから 甘える事は出来なくなります。

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

こちらも 軽量EPS 80−21.5−2.63 GENKIモデル2018をベースにして ノーズを気持ち尖らせて デカい波でのテイクオフを意識しています。 

80は90に比べて 折れる可能性が一気に下がりますが 今回は保険の為に ボトムもSクロスを使って2枚巻きです。

ここ数年のライダーのデータではっきりしているのですが ボトムの2枚巻きは かなり有効です。 

ボードが極度にしなろうとしたとき デッキが2枚 ボトムが1枚だとどうしても ボトムだけに負担がかかって ヒビが入るのが常です。

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

こちらは 86−21.63−2.63 ARA5のローカルのおじさんですが ずっとショートをやって来たけど 最近テイクオフに余裕がなくて 上手く波が取れないとの事。

短い板で 派手なアクションは やっぱり自分でも目が覚めるほど気持ちいいけど 乗れない事には始まらないので パフォーマンス気味の86でトライフィン。

画像(420x420)・拡大画像(640x640)

こちらは 写真から分かりにくいけど 82−22.25−3.25とボリューミーな1本。
ロッカーは基本的にロングだけど ノーズを細くしてテール乗り重視。

シングル、2+1、QUADにトライなど フィンの実験に忙しいだろうけど それもまた楽しみかな。

Posted at 19時12分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2673

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.