Mitsu Surfboard Design

2018年03月11日(日)

祝 中学卒業 [Blog]

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

卒業シーズン 到来ですね〜。

昨日は 息子の日本語学校生活 11年間にピリオドを打ちました。

幼稚部2年制から始まり小学校6年間と中学3年間。

毎週1回土曜日だけですが 日本と同じ教科書などを使って通常週に5日掛けている内容を 宿題メインで消化していくと言う かなり過酷なスケジュールです。

特に漢字の読み書きは ハード。 校則も厳しく 小学校でも成績や出席日数が足りないと 落第は当然で 退学さえもあり得ます。

今年は例年以上に多く 男子女子合わせて23人の生徒が無事卒業して その半分弱が 幼稚部からの10年以上通学したことになります。

当初 私としてはアメリカにいてわざわざ日本語の勉強などしなくてもいいのでは と言う考えでしたが 妻の希望で入学しました。

その間 沢山のドラマがあり 私も知らず知らず巻き込まれてしまい 数年前はまさかの保護者会会長にもなったりしてもうどっぷり ハマってしまいました。

面倒な事ばかりなのですが 開き直ってやってみると楽しかったのは事実です。 

アメリカの現地校では 全てが”DRY”なのに対してこの日本語学校は”WET”と言うか 個人主義のアメリカと団体行動が求められる日本社会の相反する2面性の求められました。

それを 受け入れて対応していくのは 親よりもきっと子供たちの方が ずっと大変だった筈です。

   



画像(315x420)・拡大画像(480x640)

クラスメイトは体育会系が多い中 音楽系の息子は 卒業式でも得意の サックスフォンをピアノやバイオリンとコラボして披露。

何も特技がなかった彼ですが 最近は音楽のお陰で人生が楽しそうです。

画像(420x238)・拡大画像(640x364)

勉強は出来るけど みんな個人キャラが強いクラスメイト達。最初はぎこちなかったけど 最後にお互いが分かり合えて今では最高の仲間達。

長い間 一緒に複雑な環境の中で乗り越えた 達成感は 勉強だけでなく人間関係も 今後みんなの大きな自信につながる事でしょう。

終わってみて 学校っていいもんだなとつくづく思い 涙腺緩みっぱなしの1日でした。

ありがとう レインボー学園!

画像(315x420)・拡大画像(480x640)

中学卒業式後のお楽しみ会で マイクを離さない35年前の私。

昨日一日中 子供たちを見ていたら 自分もあの頃を思い出してしまった。

ちなみに うちの息子も クラスで2番目にカラオケでマイクを離さないらしいです。。。

HAHAHA
 

Posted at 09時48分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2655

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.