Mitsu Surfboard Design

2017年12月29日(金)

Good Enough? [Blog]

2日前の事でした。 つい最近 NEWボード(DHM2)をGETした人に会ったので 調子はどう? と聞いてみたら 3回乗ったけど 全然ダメ と聞いて大ショックを受けた。

実際のボードを見てみると このボードに限っていつもと違う工場で仕上げたのですが ものすごく長くてシャープなエッジがレールに残っていた。

更には 乗り手の人もいつも自分の好きなフィンを付けてみて それでダメならもうダメと言った対応。

毎日のように ボードを作っては配達しているのですが どれも調子いい訳じゃないのは 残念ながら否定できません。 
でも その人が使うフィンや乗り方、乗ろうとする波の状況などなど 沢山の要因がありすぎて 一体何が本当にダメだったのかの究明が 本当に困難なのがこの世界。

一つだけ確かなのは その人自身のFEELINGで ダメと言われたらダメ。

その後 ダメと言われたボードを預かって 見て触ってその要因に想像を働かせながら エッジをサンディングしたり、フィンを変えたりして 無心になって探求。

昨晩は 歳の所為もあるけど寝れなくなって 真夜中に起きて 今現在デザインしている自分のボードについて考え始めたらまた寝れず そのまま朝もはよから その何かを感じるために テストライドで小波にパドルアウト。

そしてその後は 工場でまた シェイプををしながら ボードとにらめっこ。

私は 天才ではないので とにかくしつこく時間をかけて研究するだけ。 もう20年近く毎日のようにサーフボードが頭から離れない。 でも考えれば考えただけいいものが出来る訳ではない。 皮肉な事に 思い付きのアイデアが過去にいい結果を生み出している確率は高いかも。  

時として 1年後くらいに そのダメボードが急にツボに入る事もあったりで 本当に曖昧です。

板も波も期待し過ぎると 減点法に変わってしまい 乗り手だけが 100点のハイレベル保持者になってしまうものですがやはり 三身一体で立ち向かうのが BESTかなと。

昨日の実験は 明日の失敗 明日失敗は 明後日の成功?

支離滅裂ですが もうクタクタなので寝ます。

MAHALO
MITSU 

Posted at 18時32分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2623

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.