Mitsu Surfboard Design

2017年10月11日(水)

1コケでした [Blog]

画像(420x321)・拡大画像(640x490)

数日前 待望のうねりがマリブに届いて 無事終了した
初のRELIKE コンテスト。 

2週間近く滞在してタンバイしていたNELSONですが
個人的にも 周りからも 優勝候補として期待していたにも関わらず まさかの一コケ? (一応2回サーフィンしたけど実質一コケ)

BIGな賞金を目指して 自らの時間とお金をも使って スポンサーの方々からの物品支給もあったわけで 本人も私達も残念な結果に終わりました。

彼も私も沢山の細かな言い訳はあるだろうけど もう怒った所でどうにもならない。 

大昔のスポコン劇場の巨人の星だったら ボロボロに怒られて泣き崩れてから 立ち上がるような あんな時代ではないようですからね。  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それに絡めて今日の話をすると 実は私は人一倍 怒られるのが苦手です。  
小心者なので 先輩からも お客さんからも 女性からも?家族からも 日々怒られないように努力しているつもりですが 時には 計算違いもあって 思い通りに事が運ばず結果的に失敗ってことも多々あります。
でも それがまた自分の中でめちゃくちゃ悔しいんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

更に 話を展開すると SURFERとして 波にも板にも怒られているかのように 海の中で全く思い通りにいかない事もある訳で そんな時は一体 どうすればいいんだろう?

その対応策が2つに分かれるもので 一つは自分は全く問題がないけど 与えられたその時の環境や道具など外部に問題があって 反省することは何もないと開き直るタイプ。 

もう一つは 全ての間違いは自分の中にあると信じるタイプ。

状況や性格もあるだろうけど 自分がその対処法について足りないものがあったと言う事実は受け入れたい。

プライドを捨てて 言い訳なしに事実を受け入れて次にその困難を 上手く乗り越えられれば自分がまた次なるSTEPに届くための試練だから 悔しい事はいっぱいあるけど それを活かしたいものです。

悪い波と悪い板を言い方変えると 難しい波、難しい板。
自分に足りない所を指摘されたら それは与えられたチャンス。 

だからなのか 優れたSURFER達は時にあえて変な板に乗ろうとする習性があります。 きっと 怒られたいんでしょうね。 

MAHALO
MITSU

Posted at 18時50分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2590

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.