Mitsu Surfboard Design

2017年09月22日(金)

Beach day [Blog]

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

昨日は 朝から ダイヤモンドヘットにGo!

朝は弱い私ですが 日本から来ているお客さんとALOHABOARDSHOPのカリムさんは朝一派なので たまには行ってみようかなと。

全然期待していなかった分 波はGOOD。
沖に並ぶ人もいないから 沖からもう乗りまくって来ました。

64のTWINなんだけど 風が入った面ではたまに 抜けてしまい いい波を何本か無駄にしてしまったのが イタイ。

画像(315x420)・拡大画像(480x640)


先月NELSONからの紹介で ケワロのローカルからのオーダーだったんだけど 電話で打ち合わせをしてNELSONと同じボードを作ってくれとの事でした。

ハワイローカルは質値段ともに小うるさく 大変なのですがこの時も カラーを入れたいけどお金ないとか交渉されたりしたのを覚えています。>

画像(420x315)・拡大画像(640x480)

それで ビーチでご対面すると 写真の通り身軽デブ系のおじさんでした。 ボードを見るなり もう目が輝いて 興奮状態に陥り スグに乗ろうとしてます。

彼は笑顔いっぱいでボードにワックスを塗り始め フィンを付けようとしたけど 全くその辺の事が 分かっていない様子

その時 偶然にも Nelson が目の前に現れてビックリでしたが 見かねたNelsonと私でフィンやWAXも提供しました。

その後もビーチの仲間達 みんなに ”俺のNEW BOARDだ〜!”と見せびらかして 嬉しそう度100%でパドルアウト

波は小さかったけど この通り乗りまくってました。

PHOTO MY MITSU



画像(420x279)・拡大画像(640x426)

そのあと NELSONからの話では 彼はこの年まで NEW BOARDに乗ったことがなく いつもボロボロで真っ茶色なショートボードしか持っていないと言う事実。

NELSONは それを感じて私にオーダーを入れて来た訳で 言い難そうに お世話になってる人だから少し安くしと頼んできた訳です。

配達して 一緒に海に入って 初めてわかる リアルなその背景と人間模様が見えてくる。

島生活は こういう所がなんとも言えない感動があるものです。。

生まれて初めて 名前の入ったカスタムサーフボードを手にする人たちの あの嬉さは 私自身忘れていません。

自分もAMAZONでネットSHOPPINGするけど 安く早くお金払ったものを手にするだけの関係で それ以上の作り手、配達、そして買い手の物語は見えて来ないのは 当たり前。

時間もかかって 面倒な人間のWETな部分は なくしてしまうと楽なようで 寂しいのかもしれないですね。

MAHALO



PHOTO BY @lostnonfoundco

Posted at 06時31分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2583

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.