Mitsu Surfboard Design

2017年05月13日(土)

混雑シーズン? [Blog]

画像(420x315)・拡大画像(600x450)

昨日 お客さんから 混雑した時の人為的トラブルの回避についてお問い合わせが あったので あえて語ってみますよ。 (長くて すみません。)

実は私も 昨日 アラモアナボールズの隣のロックパイルと言うポイントに誘われて行って参りました。

最後に来たのはいつだろう? 10年もしくは20年前?

波は腰〜胸+ちょっと風が入っているけど たまにいいのが入る。

でも 人はいっぱい。 レベルもまちまちで ロングもいれば SUPもいて ビキニGIRLもあちこちにいるいる。 

正直 海を見た瞬間帰ろうと思った。 波乗りをしに来たけどその気持ちが満たされないのが 入る前から分かったから。

みんな乗りたいでも 1本の波に乗れるのは基本的に一人だけ。 順番も決まってない世界。 

もし自分がロングに乗って思いっきりパドルしたら 沖から乗れて奴らを蹴散らかしながら 自己欲求はそこそこ満たされるのは分かってる。 でも それを繰り返したら 周りの人はつまらない思いをする。

人によって違うけど 私は そんな事するのも されるのも嬉しくないです。

ハワイと日本ではその事情は多少異なるかもしれませんが ハワイだって波のいいところは常に混んでます。 

そしてそこに来る人達は 混雑が好きなんですかね? 海に入る前も 入った後も語り合ったりするのも 楽しいだろうし、”俺のいいとこ 魅せてやるぜ!”みたいなのも テンション上がるんだろうけど 何といっても 自分が絶対いい波に乗りたいの気持ちが強すぎて 混雑は気にならないのでしょう。  

私は真逆で 混雑はタブー。 人に囲まれただけで全身全霊の波乗り気分が失せてしまい 撃沈モード。 奥から乗るのも 乗られるのも気が引けるから。 

沖にいる状態で 波の事ではなく 自分のポジションで前後左右どんなレベルの人間がどんなボードでどの波に乗ろうとしているのかを 絶えず観察して自分の出方を決める訳だけど そこで自分と同じ事を考えてる奴がいたら もうそこでGAME OVER

やっと乗れたと思いきや DROP INされた! でも初心者で怒る訳にも行かない。

なんて 事の繰り返しですよね?

もうこの精神ゲームが疲れる。 3本くらいしか来ないセットに 10人の人間が血眼になってパドルバトル。 ベストポジションは分かってるんだけど 更に奥に行き過ぎてハマったり 乗れなかったりの繰り返しのなか 毎回全部乗ってしまう お山の大将のドヤ顔見るのも NO THANKS



では 一体どうすれば? 


一番いいのは 人が波数以上の場合はそこに入らない。
そんなこと ありえないと言われそうだけど 同じポイントでも 右か左もしくは インサイドなど人がいるところに目をやらないで 海をよく観察して無人の所でも乗れる可能性がある波を見つける努力が必要です。

一番混んでるところは いいのが入ってくるかもしれないけど乗れる確率は20分の1と言っておきましょう。
あなたのボードとパドルで20人中1位になれるのでしたら
どうぞ行ってください。 19人の観客も観ててくれますよ。

ちなみに GENKIとNELSONは 滅多に沖に行ってSETに乗りません。 みんな沖を見つめている間に インサイドでNON STOPで乗りまくってます。 ”え〜そんないい波あった?”って言いたくなるくらい なんかやってくれます。
彼らが 人混みと海をよく観察している証拠ですね。

ちなみにちなみに 私は どっちかと言うと遥か沖でその日の一番いい波を待つ事が多いです。

無人のSETが沖で割れたのを見たら また20分後くらいに来ると踏んで フラットな沖でひたすら待ちます。 その時 自分に一番近い人間とは 少なくとも10M以上距離を保って
自分が最もDEEPで沖にいる事をはっきりとアピール。
ミドルサイズは 追いかけるそぶりも見せずに 無言のプライオリティーを強制的に認識させるんです。(笑)

でもって 一番いいのが来た時に 誰よりも早くパドルを初めて波に名前を書きます。 そして鬼パドルから文句なしのテイクオフを決めたら もう決まり!

でも 連発すると嫌われるので マンライが出来れば 3回休みで どっか端の方で次のプライオリティー待ち。

が、理想なんですけど 週末サーファーはそうはいかないですよね。 

その他の提案は 次の通りです。

超朝一の30分勝負、風が入ってからのガラ空き乗り放題の3時間、陽が落ちてからの30分、平日休める仕事に転職、SURF TRIPの実現、誰も乗れなそうな波でも乗れるボードの探求、観客にまわる、子供と遊ぶ、釣り、BBQ&BEER、昼寝、乗ろうと思わずに沖を見に行くつもりでパドルアウトで、もし波が来たら乗ればいいけど 乗れなくも当たり前と本気で思う。 

などなどですが HAPPY SURFINGを心がけてKEEP SMILING
現状を受け止めて SELF CONTROLは大事です。

MAHALO

画像(420x236)・拡大画像(640x360)

昨日のカノアとフィリペ 。
文字通りガチでぶつかり合ってます。
ブラジルでのフィリペ相手にインターフェアを食らわせた カノアはやっぱり 大物なんだなぁ〜(≧∇≦)


Posted at 18時28分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2517

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.