Mitsu Surfboard Design

2017年05月04日(木)

No dream [Blog]

スピーチしている方は 知る人ぞ知る?イナケンさん。

私の知っている限りでは ハワイだけでも ALOHA TABLE、GOOFY、HEAVENLYなどをイケてる レストランバーなどを手掛けている 究極の?成功者と言っても 過言ではないと思う。 

BIGな人なのでプライベートな付き合いなどないのですが SURFERなこともあって 昨年 MITSU BOARDをオーダーして頂きました。

そんなことはさておき このスピーチを見たら 何か自分が妙にスッキリしたので あえてシェアさせて頂きます。


彼は私の 一つ上で今年 50歳と言う事ですが 言いたいことをうまくいってくれて なんか勝手に同感してます。

10代の頃から 今日までよく耳にする ”夢” につてここ数年 ずっと考えてました。

このBLOGでなんか言ってやろうと 思いながらもうまく言えず時間が経ってしまいました。 

とにかく 彼が言うように夢を否定する訳ではないけど 自分も夢を追いかけて 今日まで生きてきたつもりはないのは確かです。

この年になって 若者を見ると大人たちは ”将来の夢は何?”と浅はかに聞いてしまうけど じゃ〜自分の夢は何だろう? そして 何だったんだろう?と考えさせられます。


そしてはっきりした事は 夢なんか最初からなかったと思う。

毎日が必死で 楽しい事を求めて 嫌な事から逃げるだけの生活が 何十年も続いた結果 自分のこの世での居場所が限定されてくる。

やってみないと分からない事ばかり、人生が楽になるようにお金持ちへの道を選択する人は多いだろうけど それを選択しただけでは どうにもならない。

ものすごいアーティストになろうと決めても みんながなれる訳じゃない。 

嫌なことに直面して逃げたくなったら逃げればいい? なんて当時の大人は誰も言ってくれなかった。 

”辛くても乗り越えろ!”と言われ続けたあの時代 間違ってないけど 何のためになのかが分からなかったら 結局誰のためにもならない。  
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分は ずっと夢がなかった。 今でもあんまりない。 過去を振り返った時 自分が何をやりたかった事がはじめて分かる。納得いかない事は その都度やめる。 (ちなみに満員電車乗れません。)

そして 良くも悪くも 大きくも小さくも それが自分なんだなって。

そこで後悔して やり直したければまた やりたい方向に自分を向ければいい。

もちろん 人それぞれだけど それをサラッと言ってくれたイナケンさんは流石です。

夢を一人歩きさせないで 自分の後ろに夢を歩かせる?

うまい事言えませんが 自分もそういうタイプみたいです。





Posted at 16時50分   トラックバック ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.mitsusurf.com/tb.php?ID=2514

ページのトップへ ページのトップへ

検索


リンク集

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2009 Mitsu Surfboard Design All rights reserved.